母船UFOに群がるUFO! エリア51付近の砂漠で撮影される

これは2015年10月30日、米ネバタ砂漠にあるエリア51の付近で撮影された写真です。

写真は旅客機から撮影されたのもので、巨大UFO小型UFOらしき物体が明確に捉えられています。エリア51と関連があるのでしょうか?

スポンサーリンク

地上に着陸した母船UFOを、航空機から撮影したもの?

砂漠の上に、銀色の光を放つ巨大なUFOが撮影されており、それに群がるようにして無数の小型UFOも写っています。

あのエリア51の付近の上空から捉えたというのですから、ネットでも話題になりました!

エリア51付近の砂漠に、巨大な円盤型の光が出現

ご存知のようにエリア51には宇宙人がいて、彼らの指導により、地球製UFOの開発を始め、様々な実験が行われていると囁かれている場所です。

これらの写真を撮影した男性(匿名)は、カリフォルニア州サンノゼからテキサス州ヒューストンへと向かうアメリカン航空機に搭乗していたそうです。

エリア51から約225km南西へと差し掛かった時、砂漠の真ん中に巨大な円盤型の光が出現したのだそうです。さらにその周囲には、たくさんの小さな光が浮遊していたというのですから驚きです。

強烈な光を放つ飛行物体?

ネバタ砂漠に出現した巨大UFO

旅客機から撮影されたネバタ砂漠に、強烈な光を放つ飛行物体が撮影されています。

母船UFOに帰還している小型UFOの群れか?

エリア51付近のネバダ砂漠で、母船UFOに群がるUFOが撮影される!

こちらの写真では、ディスク型の巨大UFOらしき物体が明確に捉えられています。その上空には、たくさんの小型UFOらしきものも撮影されています。

まさに母船UFOに帰還しようとしているところでしょうか?

次々に帰還していく小型UFO

母船UFOに帰還する小型UFO

上記の写真に比べて、小型UFOの数が減っているので、やはり母船に帰還しているように見えます。

母船UFOが地上に着陸している?

地上に着陸している母船UFO

母船UFOが地上に着陸しているのか、それとも、これから離陸しようとしている瞬間でしょうか?

撮影者のコメント

以下、上記のUFO写真を撮影した男性のコメントです。

巨大な円盤は、目もくらむような銀色の光を放っていた。すぐに携帯電話を取り出して、充電が切れるまで写真を撮りまくったよ。

でも、ほかの乗客は誰もその存在には気づいていない様子で、(UFOについて)話してもいなかった。

その後、男性は、知り合いの空軍関係者に「今まで同様の光景を見たことがあるか?」と尋ねて回ったそうです。しかし彼らの答えは、「あるわけがない」というものばかりでした。

UFOは米政府の最高機密事項ですから、何かしらの情報を知っていたとしても、空軍関係者が迂闊に話すわけがありませんね。

そこで男性は、「MUFON(世界最大の民間のUFO研究機関)」に写真を提出し、これらのUFO写真が世界中の人たちに知られることになりました。

UFO研究家は、正真正銘のUFOと判定!

この写真を見たUFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、「今回目撃されたのは、正真正銘のUFOである」とした上で、以下の考えを述べています。

(連続写真からわかる)このフォーメーションは、まさに地上に着陸したUFOの姿そのものです。

地上に降り立った巨大なUFO(母船)には、存在を隠して周囲の環境に溶け込むための“覆い”が被せられているのでしょう。

ちょうどこの時は、部分的にめくれていたようですが、ごく短い間だったと思われます。

撮影者の男性は、「ほかの乗客は誰もその存在には気づいていない様子であった」と述べているので、確かに、UFOが見えていた時間は短い時間であったのでしょう。

上空を飛行している旅客機に気付いて、慌てて見えないように姿を隠したのでしょうか?

UFOではなく、巨大な太陽光発電施設?

一方、懐疑的な意見としては、「UFOではなく、巨大な太陽光発電施設だったのではないか?」と考える人もいるようです。

仮にそうであったならば、ディスク状の巨大な物体の上を浮遊していた多数の光の正体は何なのでしょうか?

一説には、今もエリア51には宇宙人が存在し、宇宙人たちからの技術提供によって、UFOを始めとする軍事兵器を研究・開発しているとも言われています。

そう考えると、今回の写真は、このエリア51付近の砂漠で撮影されており、地球製UFOの可能性もあるのかもしれません。

ネバタ砂漠に出現した巨大UFOの正体が判明!

エリア51付近の砂漠に巨大UFOが出現した!ということで、ネットでも注目された写真ですが、後日、新たな情報が入りましたので、続報をお届けします。

世界最大の太陽光発電所「ISEGS」

世界最大の太陽光発電所「ISEGS」の写真

まずは、こちらの写真をご覧ください。強烈な光は放っていませんが、この形状は冒頭で紹介した巨大UFOらしきものと同じですね。

これはカリフォルニア州南部のモハーベ砂漠に建設された「ISEGS(アイヴァンパー・ソーラー・エレクトリック・ジェネレイティング・システム/Ivanpah Solar Electric Generating System)」なのだそうです。

世界最大の太陽光発電所ということです。この設備で作られる電力は、14万世帯以上の電気を作れるのだそうです。

グーグルアースでも確認

太陽光発電所「ISEGS」を、グーグルアースで確認

上記のISEGSは、グーグルアースでも確認できました。(座標: 38°14'20.31"N117°21'34.64"W

写真は2013年8月10日撮影のもので、まだ建設途中の段階の写真です。グーグルアースのメジャーツールで大きさを測ってみると、直径が約2.8kmもある巨大なものでした。

さすがアメリカは、太陽光発電もスケールがでかいです。確かに、これだけ巨大ならば、上空を飛んでいる旅客機からでも見えますね。

無数の太陽光パネルがキラキラと光って、巨大UFOに見えたようです。上空に光っていた発光体の群れも、太陽光の反射を偶然に捉えたものと考えられます。

こちらはISEGSを紹介している動画です。

巨大UFOの正体は、太陽光発電所

太陽光発電所(ISEGS)とエリア51の距離

「UFOではなく、巨大な太陽光発電施設」という意見がありましたが、その写真と撮影場所の位置確認をしてみた結果、今回のUFOの正体は、太陽光発電施設で間違いがないようです。

グーグルアースで調べてみると、エリア51と太陽光発電施設の直線距離は、約176kmありました。

ネットでは「エリア51付近の砂漠」として伝わったために、注目される結果になりましたが、実際にはこれだけ遠く離れているわけですね。

今回のUFO写真のように、写真そのものに捏造はなく、撮影者にも悪意はないケースがあります。UFOファンとしては残念ではありますが、こうした検証も含めてのUFO研究なのだと思います。