火星にドームの建造物! NASA火星探査車オポチュニティが撮影

これはアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査車オポチュニティが、2015年7月に撮影した写真です。

火星の丘のような地表に、自然物とは思えないドーム状の建造物が写っています! よく見ると、その隣にも「何か」があります。

他にも火星探査車が撮影した驚くべき写真の数々をご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください!

スポンサーリンク

火星基地? UFO? 写真で確認してみると…

謎のドームの構造物は、火星探査車オポチュニティが撮影した写真の丘の上に確認できます。遠景からの撮影なので少し分かりにくいですが、拡大してみると、驚くべきものが写されています!

火星にドームの建造物を発見!

火星にドームの建造物を発見! NASAの火星探査車オポチュニティが撮影1

丘の上の構造物を拡大し、画像調整をした写真です。明らかにドーム状の構造物が存在しており、これが岩などの自然物だとは思えません。

ドームの構造物を拡大してみると…

火星にドームの建造物を発見! NASAの火星探査車オポチュニティが撮影2

ドームのような構造物を、さらに拡大した写真です。金属的な光沢と、黒い突起物、あるいは窓のようなものが上部と底辺に付属しているように見えます。

比較できる対象がないので大きさは不明ですが、火星基地なのか、それとも地下基地に続く入口でしょうか? あるいは、地表に着地しているUFOなのかもしれません。

隣にも謎の構造物を確認

ドームの右側にも、小さな構造物が2つあります。手前には、緩やかなS字状のパイプのような物が見えています。

建物なのか、それとも小型UFOなのか、もう少し近くで撮影してほしかったですね!

NASA提供の元写真はこちらです。

火星探査車オポチュニティとは?

火星探査車オポチュニティ(マーズ・ローバー)

今回の写真を撮影したオポチュニティは、2004年1月25日に火星地表に着陸して以来、現在も運用されているNASAの火星探査車(マーズ・ローバー)です。

火星を自走して移動しながら、地質学的な分析を行っています。着地点から移動できない着陸船(ランダー)とは違い、オポチュニティなどのマーズ・ローバーは「火星を走る探査機」なのです。

探査できる範囲が広いので、地球に送られてくる写真の中には、今回のような不思議な写真が度々発見されています。

現在、火星で運用されている探査車には、このオポチュニティキュリオシティ(2012年8月5日に着陸)がありますが、過去に発見された驚くべき写真を、以下に幾つかご紹介します。

火星探査車から送られてきた驚くべき画像の数々!

不思議な写真は多々あるのですが、ここでは元画像が確認できるものだけをご紹介します。ちゃんとNASAの元画像にも写っているので、少なくとも捏造写真ではありません

火星のピラミッド

ピラミッドの起源は火星文明にある? 火星で発見された数々のピラミッド

火星に数々のピラミッドを発見! 地球のピラミッドの起源は、火星文明とオリオン座の三つ星にある?
これは2015年5月、NASA火星探査車スピリットが撮影したピラミッドのような構造物の画像です。 この動画を掲載しているサイトでは「断じて光と影に...

2015年5月、NASA火星探査車スピリットが撮影したピラミッドのような構造物です。火星の地表に、明らかに他の岩とは異なる形状をした構造物が確認できます。

太古の火星文明の遺物でしょうか? 一説には、地球のピラミッドは火星が起源であるとも言われています。

火星の原始生物(ワーム)

火星には生物がいる! 火星探査車キュリオシティが捉えた原始生物の証拠写真

火星に生物はいる! 火星探査車が、原始生物ワームを撮影!
火星探査車キュリオシティが、火星の砂丘で不思議な物体を撮影しています。その姿は原始生物(ワーム)そのもので、ネットでも話題になっています! UFO...

キュリオシティが2016年1月29日、火星の砂丘で原始生物(ワーム)のような謎の物体を撮影しています。

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、「砂丘に穴を掘って生息する生物にほかならない」との見解を述べています。

NASAにはカラーの写真もあるはずですが、そちらのほうは、なぜか公開されていません。カラー写真だと、生物であることが分かってしまうからでしょうか?

火星のカニ型エイリアン

火星にカニ型のエイリアン発見か? NASA公表の写真に写されたモノの正体は?

火星にカニ型エイリアン? NASA火星探査車が撮影した驚愕生物
NASAの火星探査車(マーズ・ローバー)から送られてきた画像に、 カニ型のエイリアンか?と思われるようなモノが岩陰に写されています!

キュリオシティが2015年7月に撮影した奇妙な写真です。ネットでは、火星のカニ型エイリアンとして話題になりました。カニなのか蜘蛛なのか、何とも形容しがたい姿をしています。

生き物ではなく、太陽のシンボルという見解もあります。そうなると、太陽信仰をしていた火星文明の遺物になりますね。

火星の恐竜? コモドドラゴン?

火星の恐竜の化石、コモドドラゴン

火星人の骨か、恐竜の化石か? 火星探査車キュリオシティが撮影!
これはNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車「キュリオシティ」から地球に送られてきた、火星地表の画像を分析した映像です。 赤茶けた地表に、「恐...

こちらは2015年5月30日、キュリオシティが撮影した写真です。NASAの元画像を分析すると、なんと恐竜の化石のような骨格が浮かび上がってきます。

頭蓋骨には、小さなツノのような突起物も確認できます。ネットでは地球に生息している大トカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の火星版との見解もあります。

かつて火星に棲んでいた巨大生物が、コモドドラゴンの祖先なのでしょうか?

火星地表に座るエイリアン

火星のエイリアン
NASA提供の元画像

これはネットでも有名な写真です。火星の岩の上に、エイリアンが腰を降ろして座っているように見えます。2007年に火星探査車スピリット(2011年5月に運用終了)が撮影しています。

個人的には生きているエイリアンではなく、太古の火星文明が残した石像などの遺物ではないかと思います。

NASAの膨大な写真の中から、こうした不思議な写真を探している人たちが世界に数多くいるのですが、「よく見つけるものだなぁ」と感心しますね。

元画像では左端の下あたりに写っていますが、フルサイズ(Full-Res JPEG)の画像で確認しないと分かりません。

火星地表にCD(コンパクト・ディスク)

火星のCD(コンパクト・ディスク)
NASA提供の元画像

火星探査車キュリオシティが撮影した不思議な写真です。火星地表にCDとしか思えないようなモノがあります! 真ん中にディスクの穴まで確認できます。

これなどは明らかに自然物ではありませんね? 宇宙人が捨てたものでしょうか?

火星にナチスのヘルメット?

火星のヘルメット
NASA提供の元画像

火星地表にヘルメットのようなものが落ちています! ネットではナチスのヘルメットに似ている!と話題になりました。

一説には、ナチスは火星に行くためにUFOを開発していたとも言われています。この写真を見ると、あながち荒唐無稽な話ではないのかもしれないと思えてきます。

火星に卵のような石

火星の卵のような物体
NASA提供の元画像

キュリオシティが2014年5月16日に撮影した写真です。綺麗な「卵」の形をした石のようなものが、火星地表に真っ直ぐに立っています。

摩耗した石のようにも見えますが、他には丸みを帯びた岩は見当たりません

まるでコロンブスの卵のように立てられているのも不可解ですね。宇宙人が地球人への謎解きとして、イタズラして置いたのでしょうか?

謎の球体のオブジェ

火星の球体オーパーツ
NASA提供の元画像

こちらは謎の「球体のオブフェ」です。2014年9月11日、キュリオシティが撮影した写真です。太古の火星文明の遺物でしょうか?

わざと岩の上に置かれているようにも見えます。こちらも宇宙人がイタズラして置いたのでしょうか?

火星戦争で使われていたレーザー砲

火星のレーザー砲 武器
NASA提供の元画像

レーザー砲の武器」のような物体です。一説には、太古の火星文明は核戦争で滅んだとも言われています。

火星人が使っていた当時の武器が、そのまま放置されたままになっているのでしょうか? この形状を見ると、自然にこのような岩が出来上がるとは、ちょっと思えませんね。

火星で発見されたリス

火星のリス
NASA提供の元画像

火星のリスとして、こちらも有名な写真です。キュリオシティが撮影しています。

オリジナル写真を確認したい方は、NASAの画像の「Full Size」の解像度で、左端の真ん中あたりを見てください!

火星のトカゲ

火星のトカゲ
NASA提供の元画像

ト火星の地表にカゲのような姿が見えます。周りの岩に擬態しているのか、ちょっと見えにくいですが、トカゲが地を這っているように見えます。

目、足、尻尾も見えます。NASAの元画像では、上部のやや左側で確認できます。

火星のネズミ

火星の巨大ネズミ
NASA提供の元画像

こちらは火星のネズミです。元画像を見ると、巨大な身体をしているように見えます。

ネズミは生命力が強いと思うので、火星環境でも適応しているのでしょうか? ひょっとすると地球のネズミの祖先なのかもしれません。

以上、火星に知的生命体が存在している(あるいはかつて存在していた)としか思えないような写真と、火星に生き物が生息している可能性を感じさせる写真でした。

火星探査車は移動できるので、これらの写真に写っているものをズバリ再調査してほしいものですね!