火星に生物はいる! 火星探査車が、原始生物ワームを撮影!

火星探査車キュリオシティが、火星の砂丘で不思議な物体を撮影しています。その姿は原始生物(ワーム)そのもので、ネットでも話題になっています!

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏が解説しています。字幕をオンにして自動翻訳にすると、ちょっと意味不明ながらも日本語の字幕が表示されます。

スポンサーリンク

火星の原始生物を、写真で確認してみると…

火星探査車キュリオシティ

写真を撮影したキュリオシティは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車です。長さ3m、総重量900kgと、今までの探査車の中でも最大であり、小型車くらいの大きさがあります。

平均時速30m程度という、非常にゆっくりとしたスピードで火星の地表を移動しながら今回のような写真を撮影し、現在もせっせと地球に送信してくれています。

火星の砂丘に、何か異質な物体を発見!


NASA提供の元画像はこちら

キュリオシティが火星の砂丘を捉えた画像です。どのような位置から撮影したのか、位置関係や遠近感が分かりにくいのですが、右下に見えているのがキュリオシティのキャタピラです。

注目してほしいのは、赤丸で囲った左下の部分です。砂が作った紋様をまたぐようにして、何かの異質な物体が見えます。

火星に棲む原始生物(ワーム)か?

火星には生物がいる! 火星探査車キュリオシティが捉えた原始生物の証拠写真

拡大して、コントラストを調整した写真です。体節のあるイモムシのような姿をしています。原始生物(ワーム)と言われれば、そのように見えますね。

ただ、砂を這って移動したような痕跡がなく、機械的に真っ直ぐに伸びているため、人工的なチューブのようにも見えます。

画像のノイズとは考えられない

ネットでは、「送受信する際に画像にノイズが混じり、それが今回のような原始生物に見えたりするのだ」というような意見も見られます。

確かに、遙か遠い火星から地球にデータを送っているのですから、ノイズやデータの損失が原因という意見も否定はできません。

但し、そうした事態は、最初から想定済みなんですね。

画像の送信時に一部のデータが損失してしまった場合にも、その前後のデータで損失箇所を補完できるように、最初から考慮されて送信されているのだそうです。

また、今回の写真を見ると、画像を拡大した時などに見られるブロックノイズ等でないことも、明らかだと思います。

原始生物かどうかは置いておくとしても、やはりキュリオシティは「何かしらの生き物か、人工的な構造物」を撮影したのではないでしょうか?

正体は火星のサンドワームか?

実は、このような原始生物ワームのようなものが撮影されたのは、今回が初めてではありません。過去に撮影された驚きの写真もご覧ください!

火星探査機が撮影したサンドワーム

火星探査機マーズ・グローパルサベイヤーが撮影したサンドワーム1

火星探査機マーズ・グローパルサベイヤーが撮影したサンドワーム2

こちらは1989年8月19日、火星探査機マーズ・グローパルサベイヤーが撮影した写真です。拡大してみると、ミミズのような生き物が、地表の溝を這っているように見えます。

見ての通り、これは火星のサンドワーム(マーズワーム)と呼ばれています。最初に紹介した画像も、サンドワームなのでしょうか?

ミミズ類は制限がなければ幾らでも大きくなるため、サンドワームの体長は数十キロにもなると言われています。

ちなみに、オーストラリアに住む世界最大種のミミズである「メガスコリデス・アウストラリス(下写真)」は、いくら大きいと言っても体長3メートルを超える程度です。

メガスコリデス・アウストラリス

それを考えると、さすがに数十キロのサンドワームというのは、ちょっと疑わしい気はしますね。

火星の重力は地球の三分の一であることから、地球環境では考えられないほど巨大化できるのでしょうか?

火星の地下都市を結ぶパイプか?

マーズ・グローパルサベイヤーが撮影した画像も、生き物ではなく、「火星の地下都市を結ぶパイプのような通路ではないか?」とも考えられています。

古代の火星文明の遺跡なのか、それとも現在も使われているのかは分かりませんが、人や物を運ぶチューブのような構造物にも見えますね。

但し、これとは別に撮影された最近の写真では、地面を這う何かしらの生き物が場所を移動したり、消えたりしている痕跡も見つかっています。

実際に火星には、サンドワームのような巨大生物がいるのかもしれません。

地中からサンドワームが這い出ていた?

こちらの動画は、2016年6月に火星探査機マーズ・オポチュニティが撮影した2枚の写真を比較したものです。

火星の地表を、時間差を置いて撮影したものですが、18分後に撮影された画像には、地中から何かが這い出したような痕跡が写し出されています。

この18分間の間に、サンドワームが地中から這い出てきたのでしょうか?

すでに火星に生物がいる証拠を掴んでいる?

火星移住のイメージ

昔は夢でしかなかった火星への移住が、21世紀の前半には、現実的な計画として進められようとしています。

NASAの発表により、火星には水が存在していることが確実視されている現在、火星はもはや不毛の大地ではありません。火星に生命が存在していることを前提にして、火星への移住計画が進められているのではないでしょうか?

NASAは2030年代に、有人火星探査を計画

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、2030年代半ばを目標にして、有人火星探査計画を発表しています。

また、NASAだけではなく、オランダの民間非営利団体・マーズワンは、NASAに先んじて2025年までには、人類の火星移住を実現させようとする「マーズワン」計画を発表しています。

火星への移住は、世界的にかなり本気モードになってきています。

本当に実現するかどうかは分かりませんが、せめて火星に原始生物くらいは生きていてくれないと、とてもこんな無謀な計画は立てられませんね。

一部の政府関係者や科学者たちの間では、すでに火星に生物がいる証拠を掴んでいるのではないでしょうか?

「マーズワン」計画の紹介動画

計画は2025年ですから、今から、なんと10年以内(!)には、火星に人類が住んでいるという時代になっているのでしょうか?

『火星に生物はいる! 火星探査車が、原始生物ワームを撮影!』へのコメント

  1. […] わかりますか? これです。 出典:machiukezoo.biz 画像を拡大して独自の分析に当たったウェアリング氏によると、 […]