2億年前の巨人の足跡!巨人族ネフィリムが本当にいた

世界各地に巨人伝説が残されていますが、今回は「巨人の足跡」の映像をご紹介します。
古代には、本当に巨人族ネフィリムが実在した!という証明になるのでしょうか?

これは2億年以上も前の「巨人の足跡」と言われているものです。南アフリカのア東部の奥地ムプルージで発見されています。

現地では「神様の巨大な足跡」の遺跡として有名なようです。地質学者が2億年から30億年前に形成されたと推定する花崗岩に残されています。

この巨大な足跡と言い、2億年以上も古代の花崗岩に残されていることと言い、人間の足跡でないことは確かです。

伝説の巨人族ネフィリムが残した本物の足跡なのでしょうか?

スポンサーリンク

古代の巨人の足跡を、写真で確認してみると…

ビデオの投稿者は、南アフリカの作家、マイケル・テリンジャー氏です。
南アフリカにある巨人の足跡を、もっと多くの人々に知ってもらいたい一心で、YouTubeに動画を投稿しています。

2億年前の巨人の足跡!古代の巨人族ネフィリムが本当にいた?

▲足跡の長さは、約120センチ(4フィート)あります。足の指も5本あり、踵もあります。
この足跡の大きさから推測すると、巨人の身長は約7.5メートルと考えられています。

巨人の足跡

▲ぬかるみに足を踏み込んで持ち上げると、つま先の泥が写真のように持ち上がります。この自然な成り行きが、そのまま岩に残されていることが興味深いですね。

▲踵の箇所にコインが置かれているので、やはり神様の足跡として崇められているのでしょうか?

レムリア大陸に実在した巨人族の足跡か?

この巨人の足跡が最初に発見されたのはそれほど昔のことではなく、1912年に狩りをしていた現地の農場主が見つけたそうです。さぞかし、びっくりしたでしょうね!

地面ではなく、「岩の側面」に足跡が残されているのも奇妙です。でも、これはプレートの移動によって、地中にあった岩が徐々に今の位置まで押し上げられた結果なのだそうです。

さて、前述したように、この巨人の足跡は、推定2億年から30億年前に形成された花崗岩に残されています。

2億年以上も昔の地球とは、どのような時代でしょうか?

およそ2億5000万年前に、爬虫類から進化した恐竜が出現したと考えられています。もちろん、人類はおろか猿人すらいない時代です。

猿人は約600万年前のアフリカ大陸に出現したと言われています。そして、この巨人の足跡は、南アフリカにあります。

奇妙にも場所は一致しています。ただ、猿人の祖先が巨人であったと考えるのは無理があるように思います。巨人から猿人になった過程の化石などは見つかっていません。

そう考えると、ネフィリムを代表とする巨人族は、恐竜などと同様に、ある時期に突如として滅亡してしまったのではないでしょうか?

実は、ネフィリムの存在は、旧約聖書に記されています。天使たちが地上に降りて、人間の娘と交わったのが、巨人族ネフィリムの起源とされているのです。

この「天使たち」というのが「宇宙人」であると考えれば、理論的にはすっきりします。彼らはUFOに乗って、空から地上に降りてきたわけです。古代の人類には、まさに天使に見えたでしょう。

また、旧約聖書に記されている以外にも、巨人伝説は残されています。

今から2億年以上前から5000万年前までインド洋上に存在したと言われるレムリア大陸には、18mもある巨人族レムリアがいたというのです。こちらは時代が一致しますね。

地殻変動によって、レムリア大陸が今のアフリカ大陸を形成したと考えれば、場所の問題もありません。

レムリア大陸にいた「巨人族レムリア」と、旧約聖書に記されている「巨人族ネフィリム」が、同じ巨人族を指すのかどうかは不明です。

ただ、現代に残されている巨人伝説から推測すると、この巨人の足跡は「レムリア大陸に存在した巨人族」のもので、そう考えると、2億年以上も昔という時間の問題もクリアできます。

ただ、なぜ巨人族が滅んでしまったのかは、今後の研究課題になりますね。

しかし、花崗岩に足跡を残せるのか?という疑問

さて、巨人の足跡は、レムリア大陸に存在した巨人族のものという仮説は成り立ったとしても、ここで大きな疑問を持った人もいるのではないでしょうか?

それは、足跡が「花崗岩」に残されていることです。

いくら巨人とはいえ、岩の上に足跡を残すことは不可能でしょう。そうなると、やはり地面に付いた足跡が、そのまま花崗岩になって残されたことになります。

しかし、花崗岩はマグマが地上へ出ることなく、ゆっくりと冷却されて出来るため、花崗岩に足跡が残されているという話には無理があるのだそうです。

このような巨大な足跡が、自然の作用で偶然に出来るとも思えませんね。

そうなると、これは昔の人間が岩に掘った「彫刻」ではないか?という疑念も出てくるわけです。

実は、冒頭で紹介した動画には「続編」があります。この疑問に対して見解を述べているので、まずは動画をご覧ください!

撮影者のマイケル・テリンジャー氏は、花崗岩になぜ足跡が付いているのかは謎としながらも、足跡の内側の浸食と外側の浸食が一致することを挙げています。

つまり、彫刻として掘ったのではなく、明らかに足を踏み入れて、自然に付いた足跡だと言っているのだと思います。

また、人里離れた辺鄙な場所に足跡があるので、このような場所に誰かがこっそり訪れて、足跡の彫刻を掘るなどという見解は疑わしいと主張しています。

続編の動画では、自らも南米エクアドルで、巨人の骨を発見したというクラウス・ドナ氏も同行しています。彼は遺物調査をしている人物です。

そのドナ氏の説明によると、ジェームズ・ハータック教授を始めとする科学者の何人かも、この現地に訪れているそうです。

そして科学者が綿密に調査した結果、これは人為的に作られたものではなく、本物の足跡であると結論づけているそうです。

最後にドナ氏自身は、唯一、足跡の形に疑問を持っているので、再調査のために優秀な地質学者と、できれば足跡そのものを鑑定できる医師を連れて来るべきだと述べていました。

ただ、巨人族と今の人類の違いは、「大きさの違い」だけではないでしょう。そもそも別種と考えたほうが良いのだと思います。

そうなると、医学的に人類の足跡と一致しているかどうかの鑑定には、意味がないように思うのですね。

あとは花崗岩の問題が残されますが、実は、花崗岩が形成される過程については諸説あるようです。

「花崗岩に足跡があるのはおかしい!」というのは一般的な学説の考えであって、実際にはそこまで断言できるほどの科学的な根拠はないのかもしれません。

考えてみれば、私たち人類の起源でさえ、本当は謎だらけなのです。この21世紀の科学も万能ではないのですね。

かつて古代の地球には巨人族が実在していたという事実が、科学の常識になる日も、いつかやって来るのかもしれません。

▼こちらの巨人族ネフィリムの関連記事も、ぜひ併せてお読みください!

巨人族の骨の化石が、岩手・宮城地震で発見されていた! 古代の日本にもネフィリムが実在した?
これはまさに、日本のリアル版・進撃の巨人ですね! 巨人伝説は世界各地にあり、巨人の骨の化石が発見された話題は事欠きません。そして古代の日本にも巨人...
スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

2億年前の巨人の足跡!巨人族ネフィリムが本当にいた
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。