巨大クモ男からクラーケンまで! 世界の巨大生物UMA 動画まとめ

世界の謎の巨大生物UMA 動画まとめ
南極海に出現する巨大UMAニンゲン

正体不明の巨大生物UMAが、世界で数多く目撃されています。
その中には水棲UMAキャディのように、動物学者からも実在が認められているUMAもいます。

また、ブタとイノシシの混血種・ホグジラのように、実際に捕獲されている巨大動物も存在しています。

以下、謎の巨大生物UMAから実在する巨大生物まで、当サイトでも記事投稿している世界の巨大生物をご紹介します。

ロシアに現れた謎の巨大クモ男


ロシアのUMAクモ男! 超巨大蜘蛛、蜘蛛人間、スレンダーマンか?
広大なロシアにふさわしい、推測20mもある超巨大生物が現れました。蜘蛛のように長い手足を使って、マンションの外壁をよじ登っています! 「こんな生き...
●体長:推定20メートル

「こんな生き物が現実にいてたまるか!」と叫びたくなるほど、まさにオカルトの裏世界から現れたような巨大未確認生物です。

蜘蛛のような姿をしていますが、人間っぽいリアルな動きをしており、12階もあるマンションの屋上までよじ登っていきます。

ロシアという広大な地にふさわしい巨大生物ですね。20メートルもあるクモ男が本当に捕獲されたら、えらいことになりそうです。

ゴミ砂漠に生息するモンゴリアンデスワーム


殺人ミミズ、モンゴリアンデスワームの正体。実在するUMAか、ミミズトカゲの変種か?
モンゴリアンデスワーム(Mongolian Death Worm)は、ゴビ砂漠の地下に生息すると言われています。 果たして、モンゴリアンデスワーム...
●体長:推定50~150センチ(最大3.5メートル)

恐怖の巨大な殺人ミミズと呼ばれているUMAが、ゴミ砂漠に生息すると言われるモンゴリアンデスワームです。

なぜ殺人ミミズなのかと言うと、黄色い毒液を吐いて相手を死に至らしめ、さらにプラズマの電撃を与えたり、火炎を吐いたりするとも言われています。

あり得ないような巨大生物なのですが、2005年にはイギリスの研究チームがゴビ砂漠を調査しており、実在するUMAとして考えている学者もいます。

モンゴリアンデスワームには誇張された伝説もありますが、実際には、無視できないほど目撃証言が多いのです。いつか本当に発見される日が訪れるのかもしれません。

ブタとイノシシの混血種・巨大生物ホグジラ!


ブタとイノシシの混血種・巨大生物ホグジラ! なぜ巨大化したのか?
これは2004年6月17日、米国ジョージア州の農園で捕獲された「ホグジラ(Hogzilla)」と呼ばれる巨大動物です。 ホグジラは、ブタ(Hog)...
●体長:推定3.7メートル

こちらは2004年、米国ジョージア州の農園で捕獲された「ホグジラ(Hogzilla)」と呼ばれる巨大動物です。

実際に捕獲されてDNA鑑定もされているので、こちらは謎の巨大未確認生物ではなく、実在する巨大生物になります。

捕獲者は3.7メートルと発表していますが、その後、海外の番組が死体を掘り起こして調査してみた結果、もう少しサイズは小さかったようです。

このホグジラはDNA鑑定の結果、ブタとイノシシの混血種だと分かりました。もし捕獲されずに目撃証言だけだったならば、謎の巨大未確認生物のままだったかもしれません。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

巨大クモ男からクラーケンまで! 世界の巨大生物UMA 動画まとめ
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。