幸せを運ぶUMAケサランパサランとは? 正体は動物性、植物性、鉱物性の3つの説あり!

こちらはケサランパサラン(ケセランパサランとも呼ばれる)と思われるものの映像です。

植物の種子のように見えますが、これでも昔からUMA(未確認生物)として知られています。後述しますが、実は私もこれと全く同じものを過去に捕獲したことがあります。

ケサランパサランは、まだ存在が確認されていない生き物なのでしょうか?

スポンサーリンク

ケサランパサランを写真で確認してみると…

大小2つのケサランパサラン

投稿者の説明によると、大小2つのケサランパサランを捕獲したとのことです。具体的な場所は記されていませんが、日本国内ですね。近くにケサランパサランの繁殖場所があるのでしょうか?

ケサランパサランの大きさ

ケサランパサラン

大きい方はベランダで発見し、ピンポン玉ほどの大きさがあるそうです。

ケサランパサランが動いている?

小さい方は部屋のテーブルの上で発見し、ビー玉ほどの大きさのようです。何か芯みたいな物があるように見えるので、投稿者は植物の種子ではないかと考えているようです。

但し、大きい方のケサランパサランには、芯のような物は見当たりません。

密閉した部屋で一緒に撮影したとのことですが、なぜか小さい方だけコロコロと動いているそうです。映像を見ると、確かに、動いているように見えますね。

部屋の中で微かに空気が動いているのかもしれませんが、ビンの中に一緒に入れて保管しているそうです。

幸せを運ぶケサランパサランとは?

幸せを運ぶUMAケサランパサラン! 正体は未だに不明?

姫路市立動物園で展示されているケサランパサラン

見て分かる通り、ケサランパサランは白い毛玉のような姿をしています。大別すると、植物の種子のようなタイプと、動物の毛玉のようなタイプがあります。

ケサランパサランは1970年代後半のオカルトブームの時に、ツチノコとともに広く知れ渡るようになりました。

江戸時代にもケサランパサランは発見されていた?

しかし、ケサランパサランの存在は古くから知られていたようです。少なくとも、江戸時代以降の民間伝承として伝わっており、謎の生物とされています。

江戸時代の百科事典「和漢三才図会」には、「鮓荅(さとう)」という白い玉についての記述(下の絵)があります。これは江戸時代に発見されたケサランパサランかもしれません。

和漢三才図会に載っている「鮓荅(さとう)」

ちなみに、鮓荅とは、家畜の胆石のことで「へいさらばさら」とも呼ばれているそうです。発音が似ているので、ケサランパサランの語源になっているのかもしれませんね。

ケサランパサランの奇妙な名前の由来については、他にも、スペイン語の「ケセラセラ」が語源だという説、「袈裟羅・婆裟羅」(けさら・ばさら)という梵語が語源だという説、羽毛のようにパサパサしているからという説、「何がなんだかさっぱりわからん」を意味する東北地方の言葉の説などがあるそうです。

ケサランパサランは幸せをもたらす

東北地方では、ケサランパサランは「持ち主に幸せをもたらす」という伝承も残っているようです。

ケサランパサランを持っているということは、あまり人に知らせないほうがいいと言われているため、代々密かにケサランパサランを伝えている家もあるそうです。

ケサランパサランは穴の開いた桐の箱の中で、おしろいを与えることで飼育できると言われています。

飼育と言うとペットのようですが、ケサランパサランは妖力を持つとも言われているので、取り扱いには注意が必要なのだと思います(^^;)

西洋にも、ゴッサマー (gossamer) やエンゼル・ヘアと呼ばれているものがあり、これらは日本のケサランパサランと同類のものと考えられているようです。

私のケサランパサラン体験

実は私も小学生の頃、この動画のケサランパサランと全く同じものを捕獲したことがあります。

場所は埼玉県です。当時は、田んぼや池、野原なども多く残っていましたが、埼玉県の東京寄りの地域なので、山や森はありません。住宅街と町工場がある普通の郊外の町でした。

今となっては記憶が定かではないのですが、発見した場所は、家の中だったと思います。恐らく風に運ばれて、家の中に入ってきたのでしょう。

ケサランパサランという正体不明の生き物(?)の存在は知っていたので、「これは珍しいものを捕まえたぞ!」と喜んで、クリープの瓶の中に入れて保管しました。

化粧品のおしろいを食べると聞いていたので、母から白いパウダー状のおしろいを貰って、一緒に入れておきました。

そして時々、瓶の中を覗き込んでは「数が増えていないかな?」とか「おしろいを食べて、量が減っていないかな?」とか、ワクワクしながら観察したものです。

でも、残念ながら、変化らしい変化は見られませんでした。ケサランパサランが幸運をもたらしてくれたかどうかも、ちょっと分かりませんね。ひょっとしたら、私が恩知らずなために、忘れているのかもしれません(^^;)

そのうちに保管していることを忘れてしまったのですが、今でも実家に帰れば、ケサランパサランの入っている瓶は残っていると思うので、今度確認してみようと思います。

ケサランパサランが、うじゃうじゃと増えていたら驚きですね! その時には写真を掲載します(=^・^=)

ケサランパサランの正体は?

当時は、UMA(未確認生物)というよりも、単純に珍しい生き物だと認識していたように思います。

ただ、生き物と言っても、目鼻のような顔もありませんし、動きもしません。形としてはタンポポの穂に似ているので、その後に思い返した時には、「あれは何かの植物の種子だったのだろう」と考えるようになったと思います。

でも、ケサランパサランは未だに正体不明なんですね。目撃例も多く、私のように捕まえたという人もいると思うのですが、この21世紀になっても、まだ正体が分かっていないというほうが驚きです。

今のところ、ケサランパサランの正体としては、下記のものが挙げられています。

動物性のもの

山形県鶴岡市の加茂水族館では、ケサランパサランと思われる物体を展示していて、「ワシなどの猛禽類がウサギなどの小動物を食べた際に排泄される毛玉(ペリット)である」と説明されているそうです。
これは「小動物の体毛説」になりますね。

植物性のもの

アザミやオキナグサ、ブタナなど、植物の花の冠毛が寄り集まって固まったものではないか?と言う説です。ガガイモの種の綿毛とも言われています。

綿状のカビだという説もあり、白粉を与えると増えるというのはこのためだとも言われています。また、ビワの木でよく目撃されることから「ビワの木の精」とも呼ばれています。

鉱物性のもの

オーケン石

これは意外かもしれませんが、「オーケン石説」という鉱石説もあります。オーケン石は、糸のように細いガラス状の繊維が中心から伸びた鉱物で、一見すると綿のようにも見えます。

オーケン石の写真を見ると、確かにこれをケサランパサランだと考えている人もいると思います。

ケサランパサランは、まっくろくろすけの真っ白い種類?

ケサランパサランの正体として、動物性、植物性、鉱物性の3つをご紹介しましたが、どれもケサランパサランとして目撃され、保管されている可能性は高そうですね。

他にも、地球外生物と考えている人もいるようです。保管していると、大きくなったりする例もあるようなので、実際に生きているケサランパサランもいるのかもしれません。ぜひ、科学的に分析してほしいですね。

まっくろくろすけ

ちなみに、スタジオジブリの映画『となりのトトロ』に、「まっくろくろすけ(ススワタリ)」という架空の妖怪、あるいは妖精のようなものが登場します。

ケサランパサランは、まっくろくろすけの真っ白い種類のものだと考えると、夢がありますね。

あのように、もぞもぞと動いているところを見てみたいものです。