火星に核爆発のキノコ雲、宇宙人が核兵器を使用? 「火星文明は熱核攻撃で滅んだ」と核物理学者が発表!

これは2014年12月5日、火星の地表で巨大なキノコ雲を捉えたという驚きの写真です。

インドの火星探査機が、火星のマリナー峡谷で撮影しています。まるで核爆発を思わせるような謎の「巨大キノコ雲の正体」は、いったい何なのでしょうか?

スポンサーリンク

火星の巨大キノコ雲の正体は?

今回の火星の不可解な写真はNASAではなく、インドの火星探査機マーズ・オービター・ミッション(愛称:マンガルヤーン「火星の乗り物」)が捉えたものです。

インドも火星に乗り遅れまいと、低予算の中でも頑張っています。そしてNASAであったならば、公開されなかったかもしれない驚愕の発見をしています!

火星のマリナー峡谷で、謎の爆発を確認

火星のマリナー峡谷

今回の謎の爆発は、火星の赤道付近で東西に延びる通称マリナー峡谷(ヴァレス・マリネリス峡谷)で確認されています。

マリナー峡谷は全長4000キロ、幅200キロ、深さ6.5キロの巨大な峡谷です。上の火星の写真で見ると、マリナー峡谷の左端の場所で爆発が起きています。

インドの火星探査機が捉えた巨大キノコ雲

インドの火星探査機マンガルヤーンが撮影した火星の謎の爆発

火星で確認された、核爆発のような巨大なキノコ雲

拡大してみると、核爆発と思えるような巨大なキノコ雲が発生しています。立ち上る雲の円柱の地表には、推定40キロのクレーターも確認できます。

爆発している決定的な瞬間を撮影している点にも驚かされますね。偶然に撮影できたとは思えないほどです。

火星での火山噴火なのか?

普通に考えれば、「火山噴火じゃないの?」というのが妥当な見方でしょう。

しかし、火星に火山活動があったのは240万年も前とされています。現在の火星は冷えており、内部のマントル対流も存在しないと考えられているのです。

これが火山噴火なのだとしても、それはそれで今までの常識を覆す大事件となります。

但し、火山噴火だとすると、今度は写真に見られる「キノコ雲」の説明がつかなくなってしまうのです。

なぜならば、火星の大気は極端に薄いため、通常の火山噴火ではキノコ雲状にはならず、風特有の渦巻き運動も見られないと考えられるからです。大気の濃い地球環境とは違うのですね。

核爆発か、核爆発に匹敵する爆発がないと、今回の写真のようなキノコ雲の発生は考えにくいのです。

キノコ雲のように見えるだけ?

核爆発のキノコ雲ではないか?」という主張の一方には、もちろん反対意見もあります。

豪サザンクイーンズランド大学・科学研究センターの天文学者であるジョンティ・ホーナー博士は、「火星で核爆発が起こっているなんて面白い考えだけど、これは残念ながらクレーターの溝が角度によってキノコ雲のように見えるだけ」と、素っ気ない見解を述べています。

そうなのかもしれません。しかし、不可解な写真や映像が発見される度に、NASAなどでも毎回のように「~のように見えるだけ」と回答してきています。

何でもかんでも「目の錯覚」で済まされるならば、NASAも写真に写ったUFOを、手間暇掛けてエアブラシで消す必要はなくなるのではないでしょうか?

偶然の一致とは思えない謎

実は今回の写真は、「火星表面で謎のキノコ雲が発見された」という程度の問題だけでは済まされそうにないのです。この話からは、さらに、とんでもない事実(?)が浮かび上がってくるのです。

NASAでは、ライブ中継の配信を中止

火星に急接近するサイディング・スプリング彗星

今回の謎の爆発については、2014年10月19日に火星に接近したサイディングスプリング彗星の一部が、火星地表に激突した可能性も指摘されています。

NASAでは、この彗星のライブ中継をネットで配信していました。ところが、火星上空を彗星が通過する直前に、なぜか配信が中止されてしまったのです。

そのまま配信すると不都合な映像が撮れてしまっために、突如として中止してしまったのでしょうか?

ライブ中継と言っても、NASAでは少し時間差を置いて配信していると考えられているため、不味いものが映ってしまった可能性があると指摘している人たちもいるのです。

NASAに配慮して、肝心な写真は隠されている?

今回のインドの火星探査機では、火星地表でのキノコ雲の撮影に成功し、ご覧のように写真を公開しているわけです。

但し、うがった見方をすれば、この前後にも別の写真が存在していて、そこには「不都合な何か」が写されていた可能性はないでしょうか?

配信を中止したNASAの判断に配慮して、ISRO(インド宇宙研究機関)でも、肝心な写真は隠しているのかもしれません。

実は、このキノコ雲は、「何者かが起こした熱核爆発ではないか?」とも指摘されているのです。

核物理学者が、同時期に驚くべき論文を発表

いきなりだと荒唐無稽な話に聞こえますが、実は、偶然とは思えないタイミングで驚くべき発表も、同時期に行われています。

それは米国立研究所で、プラズマ兵器開発を手掛けた核物理学者ジョン・ブランデンバーグ博士が、『太古火星文明の熱核破滅』という論文を発表しているのです。

これは過去に火星文明があったことを前提にして、しかも、その火星文明は宇宙からの熱核攻撃で滅亡したという内容なのですから驚きです。

まるでSF小説の世界ですが、この論文は元政府軍事学者が米国物理学会で発表しているものです。簡単に笑い飛ばすわけにもいきませんね。

核物理学者ジョン・ブランデンバーグ博士と、2015年発刊の最新著書『Death on Mars(太古火星文明の熱核破滅)』

核物理学者ジョン・ブランデンバーグ博士(John E. Brandenburg)と、2015年の発刊の最新著書『Death on Mars: The Discovery of a Planetary Nuclear Massacre(太古火星文明の熱核破滅)』

火星文明は核攻撃で滅んだ?

ブランデンバーグ博士の発表は、非常に大胆に思えますが、いったいどのような根拠に基づいているのでしょうか?

そもそも熱核攻撃とは?

キノコ雲

熱核とは、原爆を100~1000倍も破壊力が上回る「水爆」を意味します。

火星表面には、ウラン、トリウム、放射性カリウムなどの放射性物質の層が存在しているのですが、それは自然に起きた熱核爆発によるものと考えられていました。

しかし、前述したブランデンバーグ博士は研究の結果、「火星の大気中にある多量の核同位元素は、水爆実験のものと酷似しており、これは宇宙からの熱核攻撃によって文明が消滅したという例証になる」と考えたのです。

要するに博士は、宇宙から熱核攻撃でもしない限り、あり得ないようなデータを火星に発見したわけです。

もしも何者かが、宇宙から火星に熱核攻撃を仕掛けたとするならば、その目的は、火星に文明が存在していて、それらを全滅させること以外にありません。

そこに来て、インドの火星探査機が「謎のキノコ雲」を撮影したものだから、ブランデンバーグ博士の説は大きな注目を集めることになりました。まるで事前にタイミングを見計らって発表したかのようです。

異星人との接触は、すなわち滅亡を意味する?

宇宙人がいるならば、なぜ現れないのか?」という議論が、昔からあります。それに対する答は様々にあるのですが、ブランデンバーグ博士は次のように考えているようです。

一定の科学レベルに達した宇宙人たちは、遅れて栄えた文明が今後の自分達の脅威になると考え、早い段階でその文明を滅ぼしてしまう

つまり、異星人との接触は、すなわち文明の滅亡となります。出会ったら最後、圧倒的な科学力の差で滅ぼされてしまうのですね。

火星文明は核戦争によって自滅したと考える人たちは、以前からいました。

しかしブランデンバーグ博士の考えでは、火星文明の発展が目障りになった宇宙人たちが、熱核攻撃をして滅ぼしてしまったということになります。

なぜ宇宙人は核攻撃をしたのか?

核戦争で滅ぶ火星文明のイメージ

仮に、ブランデンバーグ博士が主張するように、宇宙人が火星を熱核攻撃をしたのだとしても、それは遙か遠い昔の話です。博士は、それを2億5000万年前と推測しています。

しかし現在の火星でも、核爆発と思えるような写真が撮影されたわけです。果たして今回の謎の爆発にも、宇宙人たちが関与しているのでしょうか?

その場合には、以下の3つの見方ができると思います。

火星文明の殲滅

火星文明は全滅したわけではなく、生き残った者たちが今も地下に潜んで抵抗しているのかもしれません。それを殲滅するために、彼らの拠点を核攻撃したという見解です。

気が遠くなるような話ですが、火星人たちと侵略側のエイリアンたちとの争いは、2億5000万年も前から現在も続いているということですね。

あるいは、また別の見方になりますが、火星に前線基地を持つエイリアン同士の争いという可能性もあります。いずれにしても、今も火星で戦争行為が行われているということです。

宇宙人たちの核実験

宇宙人が自分たちの星で核実験を行うと、母星が放射能で汚染されてしまいます。そこで害のない火星の地表で、核実験を行ったという見解です。

地球人も核実験を行う場合には、人のいない砂漠や地下、海などで行いますから、火星のような場所はうってつけでしょう。

科学調査の一環として、火星のような環境で核爆発を起こした場合、どのような結果になるのかを分析したかったのかもしれません。

火星に踏み込む人類への警告

こちらは、「これ以上、火星に踏み込むな!」という警告を人類に与えるために、宇宙人が核爆発を起こして見せたという見解です。

宇宙人は、人類が知らない強力な兵器を持っているでしょうが、人類が最も恐れていて、見た目の破壊力も分かりやすいのが核兵器だと思います。

見よ! ワレワレは核兵器で、いつでも攻撃できるのだ!」という現実を、目の前で見せつけられたならば、人類は震え上がるしかありません。

現在、世界各国では先を争うように、火星への一番乗りを目指して有人飛行計画を立てています。これは火星に前線基地を持つ宇宙人たちとしては、この上なく迷惑な話ではないでしょうか?

今までにも火星探査機が、火星軌道に乗った途端に行方不明になるという不可解な事件が、立て続けに起きています。

それでも人類が懲りずに探査機を送り込んで来るので、今回の核爆発を起こしたわけです。

爆発の決定的な瞬間を捉えられたのは、決して偶然ではなく、人類への警告として見せたのだとすれば納得できます。そう考えると、前述したNASAのライブ中継の配信中止も、頷ける話になります。

宇宙人たちは、人類の成長を待っている

地球上でも、異なる文明がぶつかり合って、他方を滅ぼすという歴史が繰り返されています。それが宇宙規模で起きているとしても、不思議はありませんね。

ブランデンバーグ博士が言うように、かつて火星にも文明があったけれども、他の星から来たエイリアンたちに滅ぼされたという話そのものは、有り得るのだと思います。

侵略から地球を守る宇宙人たちの存在

地球を守る宇宙人のイメージ

ただ、ブランデンバーグ博士が主張するように、異星人と出会ったら最後、滅ぼされるという考えは、防衛上は必要であっても、必ずしもそうなるとは限らないと思います。

今現在、地球には少なくとも数種類の宇宙人が来ていると言われています。彼らが本気で人類を滅ぼそうと考えたならば、とうの昔に私たちは滅んでいるのではないでしょうか?

宇宙人にも、平和勢力侵略勢力があります。今の地球に来ている宇宙人たちは、むしろ侵略勢力から、地球を守ってくれているように思うのです。

人類が火星に行くのは、まだ早い?

今回の火星地表で起きた謎の爆発は、核爆発ではないとしても、それに匹敵する爆発が確認されたことは間違いありません。

核爆発であれ、自然現象であれ、今の段階ではどれも決定的な確証はなく、今後の研究で解き明かされることに期待したいと思います。

ただ、前述したように、もしも宇宙人が人類への警告として核爆発を見せたのならば、「まだ人類が火星に行くのは早い!」ということでしょう。

世界各国が争うようにして火星に来て、そこで争いでも始められたら、火星が宇宙の火種になってしまいます。その結果、別の戦闘的な宇宙人たちの介入を許す羽目にもなりかねません。

地球上では人類の勝手がまだ許されていても、火星になると、そういうわけにもいかないのです。

火星への移住の条件

人類にとって、火星への移住は夢のある話です。しかし、その実現のためには、人類が異星人の存在を理解し、考え方を共有し、平和的に交流できるようになることが条件なのかもしれません。

火星は隣の惑星とはいえ、地球を離れて飛び立つわけです。人類の先輩格である宇宙人たちから、火星への移住の条件を求められても仕方がないのだと思います。

いたずらに科学を進歩させるだけでは、不十分なのですね。

宇宙人たちは、時には厳しい警告を出しながらも、人類の成長を待っているのではないでしょうか?

『火星に核爆発のキノコ雲、宇宙人が核兵器を使用? 「火星文明は熱核攻撃で滅んだ」と核物理学者が発表!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/10/17(月) 13:18:01 ID:5d2cb0a22 返信

    ペガサスプロジェクトが継続中ってことじゃん。。。