黄金ジェットは、アトランティス文明の飛行船! 南米、エジプトの古代文明もアトランティスが起源だった!

この飛行機のような形をした不思議な造形物は、通称「黄金ジェット」や「黄金シャトル」と呼ばれている有名なオーパーツです。

材質は金で出来ており、装飾品としての美しさと、飛行機のオモチャのようなユニークな形状から、非常に人気の高いオーパーツです。

黄金ジェットは、南米コロンビアのシヌー地方の古代遺跡から発見されており、作られた時代は500~800年と推定されています。もちろん、この時代に飛行技術があったはずはありません。

このため、黄金ジェットは鳥や魚をモデルにしたものとも言われていますが、実はアトランティス文明の人々が乗っていた飛行船をモデルにしているのではないか?とも考えられるのです。

スポンサーリンク

黄金ジェットのオーパーツは飛行機か、生き物か?

海上を飛行する黄金ジェットのイメージ

見るからにして飛行機としか思えない黄金ジェットですが、その形状だけではなく、飛行機としての機能を全て備えているという検証結果も出ています。

但し、黄金ジェットともに異なるデザインのものも多数発見されています。そのうちの幾つかが現代の私たちから見ると、飛行機に見えるだけなのでしょうか?

コロンビアの黄金博物館に収蔵されている黄金ジェット

黄金ジェットは現在、コロンビアの首都ボゴタにある国立銀行付属黄金博物館に収蔵されています。

明らかに鳥や魚を模したようなものもあり、必ずしも飛行機のような形状だけではありません。このため、発見された当時は、生き物を模したものと考えられていました。

コロンビアの黄金博物館に収蔵されている黄金ジェット

黄金ジェットは飛行能力を持っている!

しかし1969年に、アメリカの動物学者および超常現象研究家のアイヴァン・T・サンダースン博士は、黄金ジェットの一つを見て、飛行機の機首、操縦席、主翼、胴体、垂直尾翼、水平尾翼を備えていると指摘します。

サンダースン博士は、航空工学や航空力学の専門家たちにも分析を依頼したところ、彼らからも黄金ジェットは飛行能力を持っているという見解を得られたのです。

近年では、ドイツのパイロットが1メートル程の模型に復元した黄金ジェットの飛行実験をしています。その結果、黄金ジェットは飛行機としての機能を全て備えていることが実証されています。

見事な三角翼を持つ黄金ジェット

黄金ジェットの復元イラスト

ヴィジュアル版 超古代オーパーツ図鑑 (ムーSPECIAL) より

黄金ジェットのモデルは、ナマズの一種?

とはいえ、飛行機のない時代に作られたものなのですから、否定的な意見も根強くあります。

懐疑的な見解として有力視されているのは、南米に生息するナマズの一種であるプレコをモデルにしたという見方です。プレコには華やかな色彩のものが多く、黄金細工のモチーフとして選ばれたのではないか?と考えられています。

写真を見ると、色彩だけでなく、その姿も黄金ジェットに似ている感じはします。しかし、その類似点だけで、黄金ジェットはナマズの一種を模したものだと断定するわけにもいきませんね。

南米に生息するナマズの一種であるプレコ

黄金ジェットのモデルは、アトランティス文明の飛行船だった!

「500~800年前の時代に飛行機があるはずはない」という先入観を一旦置いて、他に何か手がかりはないでしょうか?

実は、超古代文明のアトランティスに、そのヒントが隠されているのです。

アトランティス文明は、飛行技術を持っていた!

アトランティス文明の都市イメージ

今から約1万年以上も昔のこと、現在のバミューダ海域を中心とした大西洋にアトランティス大陸が存在し、超古代文明が繁栄していたと言われています。

ギリシャの高名な哲学者プラトン(紀元前427~347年)は、『ティマイオス』と『クリティアス』の著書で、このアトランティス文明について書き残しています。

プラトンによると、アトランティス人は強大な軍事力を持ち、オリハルコン(オレイカルコス)と呼ばれる超金属を自在に操っていたと言います。

著書の『クリティアス』の中では、「オリハルコンは飛行船を宙に浮かせる事が出来る」とも書かれており、この一文が注目されます。

アトランティス文明は高度な科学力を持った文明であり、飛行技術を持っていたと考えられるわけです。

アトランティス人の一部は、飛行船に乗って逃げのびた!

高度な文明を築いたアトランティスですが、人々の堕落した生活が神の怒りに触れ、大陸そのものが海中に没して滅んだと言われています。

しかし、大陸が海に沈む前に船で逃げ出した人もいるでしょうし、飛行技術を持っていたのならば、一部の人々は飛行船に乗って遠方まで逃げのびた可能性は十分にあります。

逃げのびた飛行船の一隊が南米大陸のアンデス地方に着陸し、後のインカ帝国にまで連なるアンデス文明の礎を築いたとは考えられないでしょうか?

飛行船のイメージイラスト

黄金ジェットを見ると、UFOというよりも、やはり飛行船のような形をしています。動力は不明ですが、オリハルコン(今では知られていない幻の金属)で作った機械が、エンジンの役割を果たしていたのかもしれません。

黄金ジェットを作った人々は、古代から神話として伝承されている飛行船(神々の乗り物という伝わり方だと思いますが)を、神々に供える装飾品として作った可能性はあります。

しかし、制作者たちは実際に飛行船を見たことがないため、鳥や魚などのイメージを加えて創作したのではないでしょうか?

さらに時代を下れば、その黄金ジェットを見本にして作られた模造品も出てくるでしょう。このようにして、当初は飛行船であったものが、次第に生き物に近い造形に変わっていったものと考えられます。

創造神ビラコチャは、飛行船でやって来た?

インカ帝国では、ビラコチャと呼ばれる文明の創造神というべき神を信仰していました。ビラコチャは、8人の最初の文明的な人間たちの父であるという言い伝えも残されています。

ビラコチャは、白人であご鬚をたくわえ大柄な男性でした。創造神というよりも、人間的な印象を受けます。

ビラコチャは農業を教え、灌漑水路を造り、トウモロコシの作り方や家畜の飼い方を教えたり、行く先々で多くの病人を治した医師でもあったそうです。

神のような奇跡を起こしたというよりも、あたかも文明の進んだ人間が、未開の土地の人々を指導しているような事を教えているのです。

そのビラコチャは、伝承ではチチカカ湖(アンデス山中のペルー南部とボリビア西部にまたがる淡水湖)から、突如として現れたことになっています。

チチカカ湖は、面積が8,372km2もあります。日本最大の湖である琵琶湖(669.23km2)の約12倍以上もあるのですから、まるで海のように広大な湖です。

もしもビラコチャが飛行船に乗り、チチカカ湖の上空を飛んでやって来たならば、当時の人々には、まるでチチカカ湖からフッと現れたようにしか思えないのではないでしょうか?

▼チチカカ湖畔にあるティワナク遺跡・太陽の門に刻まれたビラコチャの神

ティワナク遺跡の太陽の門に刻まれたビラコチャの神

神話の「5つの大きな卵」は飛行船だった?

さらに、ペルー中部高地のワロチリ地方に伝わるインカ神話には、パリアカカと呼ばれる創造神の1人が登場します。

神話では、「大洪水が去り、王も政府もない時代が始まったある日、コンドルコト山の頂上に5つの大きな卵が出現した。その1つに神のパリアカカが入っていた」と伝わっています。

山を越えて飛ぶ飛行船のイラスト

この「5つの大きな卵」を、飛行船の船団と考えることはできないでしょうか? 当時の人々は飛行船など見たことがないので、大きな卵という表現しか出来なかったものと思われます。

このパリアカカの神は、ビラコチャと同じ人々か、あるいは別部隊で逃げのびたアトランティス人かもしれません。

ビラコチャの特徴である「白人であご鬚をたくわえ大柄な男性」の共通したイメージは、南米のいたる地域に神々として伝わっています。

彼らは南米に住む人々とは明らかに異なる容姿をしており、沈没寸前のアトランティス大陸から、飛行船に乗って逃げのびて来た人々なのではないでしょうか?

憶測でしかありませんが、南米に伝わる神話とも、奇妙に一致するように思えます。

アトランティス人は、エジプトにも逃げのびていた!

こちらはエジプトのナイル川中流にある古代都市遺跡アビドスで、1996年に発見された壁画です。紀元前1,300年頃の遺物と推測されていますが、壁画に描かれているレリーフに驚かされます。

現代のヘリコプター、飛行船、潜水艦にしか見えないようなものが描かれているのがお分かりでしょうか?

エジプトの古代都市遺跡アビドスの壁画

3,300年も昔に、このような乗り物があるはずがありません。エジプトにもアトランティス人の一部が逃げのびており、彼らの乗り物が壁画に描かれているのではないでしょうか?

アトランティス大陸が1万年前に海中に没したと考えると、この時代でも6~7千年が経っているので、現物の飛行船などは残されていないでしょうが、神話として伝えられたものと考えられます。

アトランティス大陸がどこにあったのかは諸説ありますが、定説通りに大西洋にあったとすれば、飛行船を使えば南米のアンデスにも、アフリカのエジプトにも行ける位置にあります。

遙かに文明が進んだアトランティスの人々が、神々のように畏敬の念を持って迎え入れられ、後世には神話として伝えられていても不思議ではありません。

エジプトや南米の古代文明では、なぜか双方ともにピラミッドを盛んに造りましたが、元を辿れば、その起源は同じアトランティス文明にあるのではないでしょうか?

大西洋にあったアトランティス大陸

神々は飛行船に乗ってやって来た!

南米ペルーのナスカの地上絵は、明らかに上空からでないと確認できない絵が描かれており、何のために描かれたのか未だに謎に包まれています。

これはアトランティス大陸から逃げ延びた一部の人々が、飛行船に乗って空からやって来たために、空から降りてくる人々(神々)を迎え入れるために描かれたのかもしれません。

また、マヤ文明などは優れた天文観測技術を持っていましたが、「神=空からやって来る」の神話が影響して天文学に目覚めたのかもしれませんね。

このように考えていくと、黄金ジェットの謎は未だに解き明かされていませんが、アトランティス人の飛行船であったという説もあって良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

黄金ジェットは、アトランティス文明の飛行船! 南米、エジプトの古代文明もアトランティスが起源だった!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。