オルゴナイトのエネルギーで、磁場を浄化! 効果の高いピラミッド型を購入したみた結果は?

パワーストーンが好きな人は多いと思いますが、ここ数年、日本でも注目されているパワーグッズに、「オルゴナイト(Orgonite)」というものがあります。

パワーストーンは運気を高めてくれると言われていますが、オルゴナイトは一言でいうと、「磁場変換装置」なのです。部屋に置くだけで磁場を浄化し、パワースポットを作ってくれます。

「なんか胡散臭いし、本当かな…?」と思いますよね? なので、私もその効果を確かめるべく、実際にピラミッド型のオルゴナイトを買ってみて、部屋に置いてみました。

本当に効果を実感できたのか?についての感想は後述しますが、欧米では人気があっても、日本ではオルゴナイトについて知らない人がまだ多いと思います。

まずは「そもそも、オルゴナイトとは何なのか?」についてご紹介します。興味のある方は、ぜひお読みください!

スポンサーリンク

オルゴナイトとは、悪い磁場を浄化するパワーグッズ

ハート型オルゴナイト

私たちは意識していなくても、磁場が及ぼしている影響を受けています。その場所の磁場が良いエネルギーで満たされていればよいのですが、残念ながら、必ずしもそうとは限りません。

むしろ、有害な電磁波に満ちている現代社会では常時、悪い磁場に取り巻かれているというのが、実際のところではないでしょうか?

そこで近年、注目されているのが、オルゴナイトと呼ばれるパワーグッズなのです。

悪い磁場の中にいると、悪い影響を受ける

排気ガスなどで汚染された悪い空気を吸うと、体に悪い影響を与えます。これは誰でも分かりますよね?

同じように、目には見えませんが、私たちを取り巻く環境には磁場が形成されており、それには「良い磁場」と「悪い磁場」というものがあります。

悪い磁場の中にいると、当然のことながら心身にも悪い影響が出てきます。

空気が汚染されているならば、マスクをしたり、部屋に空気清浄機を置くなどをして、個人でも対策ができます。でも、磁場ということになると、具体的にどのように対策をしていいのか困るものです。

本当は、誰もが磁場の影響を受けています。本人は自覚していないくても、この地上に暮らしている限り、磁場が及ぼしている影響から逃げることはできないのです。

健康状態が悪いイメージ

特に病気というわけではないけれど、日常的に疲れを感じていたり、体の調子が悪い原因には、あなたのいる磁場が悪影響を及ぼしている可能性も、ないとは言えません。

悪い磁場を形成している負のエネルギーとは?

パワースポットは超自然的なエネルギーに満ちており、そこにいるだけで癒される気分になります。パワースポットには良い磁場が形成されているのです。

逆に、悪い磁場とは、どのような場所でしょうか?

分かりやすい例で言えば、ポルターガイスト現象などの霊現象が起きる屋敷などです。また、なぜか事故が多発する場所や、店を開くと必ず潰れてしまうような場所などです。

そのような場所が、近所にもありませんか?

そこには、その土地特有の負のエネルギーが渦巻いているか、居着いている悪霊などの作用によって、悪い磁場になっていると思われます。

また、ネガティブなエネルギーは、霊的な磁場の作用だけでなく、生きている人間からも発生しています。

怒りや悲しみ、嫉妬、欲望などは、マイナスの感情から発生している負のエネルギーです。

怒りを発している人がいると、場の空気がピリピリとした感じになります。疲れている人の周りには、どよ~んとした重たい空気が漂っているように見えます。

人間の念が、悪い波長に導通して、悪霊などを呼び込んでいるところもあります。人間の念というのは、思いの外、強いのですね。

さらに、現代の生活では、スマホや携帯電話を始め、パソコンやテレビ、電子レンジ、冷蔵庫など、有害な電磁波の悪影響もあります。

鉄塔

自分自身では電磁波の対策を施していても、鉄塔や電波塔が近くにある場所もあります。そこから発している有害な電磁波が健康を著しく害しているとして、近年では大きな問題になっています。

しかし、ありがたいことにオルゴナイトは、これらが放っている有害な電磁波も中和してくれると考えられています。

もともと海外では、有害な電磁波のネガティブ・エネルギーから暮らしを守るためにオルゴナイトが開発されており、この効果を期待して、オルゴナイトを自作している人も多いのです。

オルゴナイトで、スマホの電磁波を低減できるか?

実際にオルゴナイトを使って、スマホの電磁波を低減できるかどうかの実験をした人の動画です。電磁波の測定器を使って検証しているので、この結果は興味深いですね!

オルゴナイトで磁場を浄化し、霊的な悪影響や電磁波から身を守る!

その土地特有の負のエネルギー、悪霊などの作用、人間が出しているマイナスの感情、携帯や家電の電磁波など、悪い磁場を形成している原因は様々に考えられます。

しかし、原因は分からなくても、「何だか、心地良くない場所だな」とか「空間が澱んでいる感じがする」いうのは、感覚的に分かります。

特にスピリチュアルなことが原因になっている場合、霊感体質の人などは敏感に反応すると思います。

ちなみに、スピリチュアルなことと、スマホの電磁波などを一緒にして書くと、違和感を感じるかもしれません。しかし、どちらも波動の問題なのです。

波動には、良い影響を与える波動と、悪い影響を与える波動があるため、悪い波動は浄化(中和)させる必要があるわけです。

オルゴナイト

オルゴナイトは悪い磁場を浄化して、良い磁場に変えてくれるという、まさに夢の「磁場変換装置」です。

霊的な悪影響や有害な電磁波から身を守り、部屋にオルゴナイトを置くだけで、いわば、自前のパワースポットを作ることができます。

ライヒ博士が発見したオルゴン・エネルギー

悪い磁場を形成している「マイナスのエネルギー」については、理解できたと思います。では、肝心の「プラスのエネルギー」の正体とは、何なのでしょうか?

自然界に存在するオルゴン・エネルギー

自然界には生命エネルギーが充満しており、この未知のエネルギーの存在を発見したという人物がいます。

心理学者のヴィルヘルム・ライヒ博士(1897~1957年)です。

ヴィルヘルム・ライヒ博士

ライヒ博士は1939年、ナチス・ドイツのドイツ国からノルウェーに亡命中に、オスロ大学で研究をしている時に偶然、未知のエネルギーを発見しました。

小胞バイオンを培養基に入れ、顕微鏡で観察してると、バイオンと異なる光があり、それは青い光で激しく動いていたのだそうです。

ライヒ博士は、これを「オルゴン」と名付けました。

オルゴンの名前は、オルガスムス(性的絶頂)から由来しています。ちょっと奇妙な感じですが、ライヒ博士はオルゴンを性エネルギー、生命エネルギーと考えたようです。

博士はその後の研究により、古来から言われているエーテルこそ、オルゴンの正体だという結論に達しています。また、東洋的な「気のエネルギー」や「プラーナ」の正体こそ、オルゴンだという見解もあります。

呼び方は様々ですが、オルゴンとは、現代の科学ではまだ解明されていないスピリチュアルなエネルギーという解釈になるのだと思います。

宇宙は未知のエネルギーで満たされている

「スピリチュアルなエネルギー」と書くと、似非科学の領域に入れられてしまいそうですが、近年の宇宙物理学では、「ダークマター」(暗黒物質)の存在が提唱されています。

現代科学では捉えられない未知の物質やエネルギーがあり、一説によると、なんと宇宙の全体の約95%は、暗黒物質や暗黒エネルギーで満たされているとも考えられているのです。

実際に国立天文台や東大などの研究チームが、ハワイにある「すばる望遠鏡」を使って、ダークマターの宇宙における分布地図を作製・公開しています。

ライヒ博士が発見したオルゴン・エネルギーと、宇宙物理学のダークマターとの関連性は、今後の研究に期待したいと思います。

何が言いたいのかと言えば、未知のエネルギーの存在は、最先端の科学の研究課題になっており、決して似非科学の領域として笑い飛ばすことができないということです。

オルゴン・エネルギーは、病気の治療に有効?

オルゴン・エネルギーのイメージ

ライヒ博士は、オルゴン・エネルギーは、病気の治療に有効であると考えました。

実際に「生物学的オルゴン療法」と「物理学的オルゴン療法」と呼ばれるものを発表し、医療への応用に取り組んでいます。

しかし1954年、ライヒ博士が開発した医療器具のオルゴン・アキュムレーター(オルゴンを集積する装置)の販売が、がん治療機の不法製造販売にあたるとされて訴えられてしまいました。

1957年には、ライヒ博士が裁判所の命令に従わなかったために、博士は投獄されます。そして同年11月3日、コネチカット刑務所で心臓発作を起こして死亡するという最期を遂げています。

心臓発作という謎の死が、いかにも怪しい感じですね。ここでは深く触れませんが、闇の勢力に葬り去られてしまったのでしょうか…?

世の中がひっくり返ってしまうような大発見などをしてしまうと、皮肉なことに、このような悲劇が待っているのかもしれません。

オルゴナイトの仕組みと効果

ライヒ博士の死後も、オルゴン・エネルギーの研究は密かに引き継がれました。そして後の研究者たちによって誕生したのが、オルゴナイトです。

ライヒ博士の研究を引き継いで開発されたオルゴナイト

実は、オルゴン・エネルギーには、ポジティブなものとネガティブなものが存在し、電磁波などはネガティブなオルゴン・エネルギーだと考えられています。

そこで金属を樹脂で固めることにより、ネガティブなエネルギーを、ポジティブなエネルギーに変換するオルゴナイトが開発されたのです。

仕組みを簡単に言うと、有機物である樹脂がネガティブなエネルギーを吸収し、無機材である金属などが、ポジティブなエネルギーに変換して放出するというものです。

オルゴナイトが磁場エネルギーを変換する仕組み

その後、さらなる研究によって、オルゴナイトに水晶(クリスタル)を加えることにより、ポジティブなエネルギーが増幅できるという発見もされました。

オルゴナイトは、半永久的にマイナスイオンを発生させてくれるとも言われています。

それ自体でエネルギーを循環させる機能が常に働いているので、オルゴナイトには、通常のパワーストーンのように定期的な浄化やパワーチャージも要りません。もちろん、電気も不要です。

置いておくだけで、今いる環境の磁場を浄化してくれます。

水晶(クリスタル)の作用と効果

では、オルゴナイトに水晶(クリスタル)を入れると、なぜポジティブなエネルギーが増幅されるのでしょうか?

水晶に圧力を掛けると微弱電位が発生し、表面にプラスとマイナスの電気が発生します。これは圧電効果(ピエゾ効果)と呼ばれています。

オルゴナイトは、この水晶が持っている特質を用いて、エネルギーを増幅させているのです。

水晶の圧電効果が、オルゴナイトで働く仕組みは次の通りです。

オルゴナイトは、樹脂(レジン)で固めたものです。樹脂は硬くなる過程で、収縮します。この収縮によって、水晶には常に圧力が掛かっている状態になります。

すると前述したように、圧電効果が働いて微弱電位が発生します。これによって、オルゴナイト内でポジティブに変換されたエネルギーが、さらに水晶で増幅されて、樹脂の外側へとパワーが放出されます。

ご存知の方も多いと思いますが、水晶は、他のパワーストーンを浄化する際にも用いられるほど、浄化力の強い天然石です。

安定した純粋な結晶を持つため、ポジティブなオルゴン・エネルギーを発すると考えられています。水晶は、浄化作用エネルギー増幅という、二つの機能を併せ持っているわけです。

オルゴナイトのパワーを強めるピラミッドの形状

ピラミッドパワーのイメージ

オルゴナイトから放出されるエネルギーは、先が尖っているほどパワーが強く、その理想的な形の一つが黄金比を用いているピラミッドです。

ピラミッドパワーと呼ばれているように、ピラミッド自体にもパワーを放出する力が備わっています。

現在でもピラミッドからは、何かしらのエネルギーが放出されているとも言われています。古代の人々が、なぜ莫大な時間と労力を費やしてまで、あれほど多くのピラミッドを建てたのか、やはり理由があるのですね。

一説には、ピラミッドは次元転送装置とも言われています。ピラミッドの本当の仕組みは、まだ現代科学が解明できていないだけで、古代の人々は知っていたのかもしれません。

オルゴナイトに、さらにピラミッドパワーが加わわることにより、果たして、どれほどの大きな効果が発揮されるのでしょうか? 敏感な人は、手をかずだけでもパワーの違いが分かるそうです。

オルゴナイトを購入し、パワーの効果を感じてみました!

オルゴナイトは、磁場変換装置です。有害な電磁波やネガティブなエネルギーを浄化し、ポジティブなパワーを放出して、悪い磁場を良い磁場に変換してくれます。

このため、アンチエイジングの効果や、不眠症の解消、水の浄化、植物の生長を促すなど、様々な効果も確認されていると言われています。

本当に効果があるの?」と人に聞くよりも、自分自身で実感‏してみるのが一番早いのだと思います。

そう思って、私が買ったオルゴナイトは、ピラミッド型(下の写真)のものです。

ピラミッド型オルゴナイト

ちょうど良いくらいのズシリとした重さ

大きさは約65×65×65mmで、正四角錐のピラミッドです。重さは約200gです。手に持った感じは、ズシリとした心地良い重さがあります。

持ち歩くものではないので、重さはあまり関係ありませんが、手に持った時の感触というのは大事ですね。

オルゴナイトを手に持ってみる

ラピスラズリのマルカバスター入りのオルゴナイト

私が買ったオルゴナイトのパワーストーンには、ラピスラズリのマルカバスターが使われています。銅線で巻かれている青い石です。

ラピスラズリのマルカバスター入りのオルゴナイト

ラピスラズリは、邪気を退けるパワーを持つとされます。怒りや嫉妬など、自分自身のマイナスの感情も退けてくれます。まさにオルゴナイトと相性の良さそうなパワーストーンです。

マルカバスターのマルカとは、古代語で「肉体と魂とが相互に関係し合うこと」を意味し、魔除けなどのさまざまな神秘的なパワーを象徴する形です。

使われているパワーストーンによっても、オルゴナイトが放出するエネルギーの性質は異なってくるので重要です。

また、オルゴナイトでは、太陽を表現した渦巻き状のコイルも、よく見られます。オルゴナイト内で発生したポジティブなエネルギーを伝え、四方八方に放出しています。

ラピスラズリの石の下で、金色に輝いている見えているのは金属片です。吸収したマイナスのエネルギーを、ポジティブに変換します。

オルゴナイトの底面

ラピスラズリの他にも、底には様々なパワーストーンが敷き詰められています。

オルゴナイトの効果はあったか?

あまり書きすぎると胡散臭くなるので注意しないといけませんが、以下、私個人の感想です。

寝ている時にオルゴナイトを枕元に置いた時、肩のあたりにポカポカとした感覚と、へその下の丹田を中心にしてエネルギーが満ちてくるような感覚はありました。

オルゴナイトは不眠症にも良いと言われていますが、確かにそうかもしれないと感じました。

まだ買って日が浅いので、部屋の磁場が浄化されているかどうかまでは分かりません。ただ、有害な電磁波のカットを期待して、パソコンで作業をしている時には目の前に置いています。

気持ちの問題ですが、集中力が高まる感じはします。これはオルゴナイトに加えて、パワーストーンの影響もあるのかもしれません。

ちなみに、うちの猫がすぐに寄ってきました。オルゴナイトと周りの空気を探るようにして、くんくんと匂いをかいでいました。

猫は好奇心が強いので、新しいものを見ると関心を示すものですが、長い間、オルゴナイトから離れなかったのは興味深かったです。人間には感じ取れないエネルギーを、敏感に感じ取っているのかもしれませんね。

上から見たピラミッド型オルゴナイト

個人的には、気に入りました。いろいろな角度から眺めているだけでも、楽しい気持ちになります。

以下、Amazonや楽天で手に入るオルゴナイトをご紹介します。効果のほどは、他人に聞くよりも、ご自身で確かめてみるのが一番早いと思います!

ピラミッド型のオルゴナイト

オルゴナイトには様々な形状がありますが、個人的にはピラミッド型のオルゴナイトが気になります。パワーも強いと言われています。
下記は、私が購入したものです。パワーストーンにはラピスラズリのマルカバスターが使われています。

ピラミッド型オルゴナイトの一覧です。Amazonのページにジャンプします。
ピラミッド型オルゴナイトの一覧


水晶の中でもパワーが強いと言われるヒマラヤ水晶ポイントが入っています。水晶ポイントとは、六角柱の形状をした単結晶の水晶です。水晶は尖った先端のほうからパワーが出ると言われているので、水晶ポイントのパワーストーンが入っていると、磁場の浄化力が増します。
幸運を招くラピスラズリも豊富に入っています。ラピスラズリは邪気を退け、自身の心の邪念も退けると言われています。


こちらもパワーの強いヒマラヤ水晶ポイントが入っています。さらに水晶の色変種の中でも、最高位に評価されるアメジストも入っています。
アメジストは『愛の守護石』『真実の愛を守りぬく石』として知られています。


ヒマラヤ水晶のマルカバスターが入っているピラミッド型オルゴナイトです。マルカバスターの形状は、魔除けなどの神秘的なパワーを象徴します。


アベンチュリン、オニキス、ラピスラズリ、ヒマラヤ水晶、ローズクォーツ、アメジスト、カーネリアンなど、お好みのパワーストーンを選べます。写真を見ると、どれも豊富にパワーストーンを使っていますね。


こちらはカラフルなタイプで、少し大きめのピラミッドです。見た目の美しさだけでなく、金属片の層が何重にも積み上げられており、強力な電磁波対策になりそうです。チェコの人気ブランドを厳選したボヘミアンオルゴナイトの正規輸入品です。


シトリンは金運、商売の繁栄をもたらすパワーストーンです。綺麗で格好良いデザインですね! ボヘミアンオルゴナイトの正規輸入品です。


ミニタイプのピラミッド型オルゴナイトです。ヒマラヤ水晶が入っています。パソコン周り、家電周り、水まわり、寝室、玄関など、いくつかの気になる場所を浄化したい人にお勧めです。


ピラミッド型オルゴナイトの一覧です。Amazonのページにジャンプします。
ピラミッド型オルゴナイトの一覧


パワーストーンに興味のある方は、こちらもご覧ください。メンズ向けパワーストーンを取り扱っています。


スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

オルゴナイトのエネルギーで、磁場を浄化! 効果の高いピラミッド型を購入したみた結果は?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。