超小型の宇宙人ミイラ! ロシアの原子力発電所近郊で発見

小型エイリアンらしきミイラは今までにも発見されていますが、
今回はロシアの原子力発電所近郊で、超小型の宇宙人らしきミイラが発見されました!

これはロシアで発見された宇宙人の死骸と思われる映像です。2015年9月2日に英国デイリーメールが報じています。

非常に小さなミイラですね! 宇宙人か?と思いたくなりますが、今のところ、全くの正体不明です。

発見場所は、ロシアのシベリア中部の都市・クラスノヤルスク市で、2009年の春頃、川で釣りをしていた男性が発見したようです。発見した時には臭いもなく、すでにミイラ化していたそうです。

ミイラが発見された近辺には、レニングラード原子力発電所があり、原子力発電所の近辺には、UFOがよく現れると言われています。この不気味な死骸が発見された地域では、実際にUFOが多く目撃されているとのことです。

原子力発電所と何かしらの関連があるのでしょうか?

スポンサーリンク

謎のミイラを、写真で確認してみると…

ロシアで発見された宇宙人らしき謎のミイラ

▲発見された宇宙人らしき謎のミイラ

頭部が異様に大きくて、足の骨格と曲がり具合も奇妙です。胴体部分や下半身は損傷してしまったのでしょうか?

指先には爪のようなものが確認できます。一見すると、サルやヒト型の生き物にも見えますが、顔の構造だけを見ても、やはり違和感があります。

▲ケースに保管されている謎の生物

人間の手と比べてみると、3~4cm程度の非常に小さなミイラであることが分かります。

もしも胴体部分と下半身が損傷しているのであれば、生きていた時には10cm程度であったと思われます。

地球上に存在するどの生物とも類似していない

こんなに小さな宇宙人が存在するのでしょうか?

妖精や小人のUMAなどの可能性も考えれますが、ロシアの生物学者はレントゲンを撮った結果、地球上に存在するどの生物とも類似していないため、エイリアン説を支持しているそうです。

生物学の研究者であっても、正体が何であるのか分からないということです。

地球上の生物には該当しないミイラが発見される度に、宇宙人の存在を思わずにはいられませんね。

ちなみに、小型のエイリアンと思われるようなミイラは、チリでも発見されています。

特に奇妙なのは「アタカマ超小人」で、当初は米スタンフォード大学の医学チームが検証した結果、エイリアン説が有力だったのですが、なぜか再度の検証結果では、人間であったと結論付けられています。

詳しくは下記の記事に譲りますが、今回のロシアで発見されたミイラの検証結果は、どのようになるのでしょうか?

まだ発見されていない未確認生物(UMA)なのか、それとも超小型の宇宙人なのか、何があってもおかしくない、おそロシアの国だけに、続報に期待したいと思います。

※追記
ロシアで発見された謎の超小型ミイラは、2015年10月21日放送の「世界の何だコレ!? ミステリー」のテレビ番組でも取り上げられていました。

現在、ミイラは発見者の手元を離れ、「コスモポイスク」という世界的な活動をしているミステリー研究団のロシア支部で保管されています。

コスモポイスクでは、本格的に大学や専門家にも調査を依頼していますが、ミイラの正体は今も謎のままのようです。

チリで発見されたアカタマ超小人

▲こちらの映像も、あわせてご覧ください。
アタカマ超小人(チリで発見)は、人間の判定で、逆に謎が深まった!?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

超小型の宇宙人ミイラ! ロシアの原子力発電所近郊で発見
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。