UMAジャージー・デビルの驚愕映像が撮影された!

伝説のUMA「ジャージー・デビル」と思われる写真と映像が撮影されました。
時を同じくして捉えられたリアルな姿をご覧ください!

 実在するUMA? ジャージー・デビルの証拠映像が撮影された

▲こんな生き物が本当にいるのでしょうか?
これは2015年10月6日、ニュージャージー州リトル・エッグ・ハーバー・タウンシップに暮らすデイブ・ブラックさんが撮影した「ジャージー・デビル」と思われる謎の生物です。

ブラックさんは仕事を終えて自宅へと車を走らせていました。するとゴルフ場近くに差し掛かった時、並木道を走る不思議な動物の姿が目に飛び込んできたのだそうです。

最初はラマ(ラクダ科の動物)と思っていたようですが、なんとその生物は翼を広げて、空へと飛び去ったのです。咄嗟にブラックさんは携帯電話を取り出し、その驚くべき瞬間を写真に収めることに成功したそうです。

あまりにも出来すぎた写真なので、フォトショップで加工したのでは?という意見もありますが、ブラックさんは「誓ってそのようなことはありません」と、きっぱり否定しています。

スポンサーリンク

ジャージー・デビルを捉えた映像!

こちらは冒頭のジャージー・デビルの写真を撮影したブラックさんと時を同じくして、なんと、同州のエミリー・マーティンという女性も、夜空を飛ぶジャージー・デビルの映像を撮影していました。

出現場所は、1735年に最初の目撃者であるリーズ夫人が暮らしていたとされる場所から、そう遠くないということです。

「ジャージー・デビルって、ひょっとして実在するのか?」と思わせてくれるような映像ですね。

ジャージー・デビルとは?

ジャージー・デビルは、日本ではあまり聞かないUMAですが、アメリカではビッグフットやチュパカブラと並んで、有名なUMAなのだそうです。以下、ジャージー・デビルの特徴と、最初の目撃証言です。

【ジャージー・デビルの特徴】
体長1~1.8mほど、馬、羊または鹿に似た顔で、真っ赤な目を持つ。胴体は黒っぽい毛で覆われており、背中にはコウモリを思わせる翼が生えており、空を飛ぶ。尻には細長い尾がある。路上や建物の屋根に馬のひづめのような足跡を残す。(Wikiより)

ジャージー・デビルの目撃スケッチ

▲1909年に描かれた目撃スケッチ。「フィラデルフィア・イブニング・ブリテン」に掲載。
当時は、ジャージー・デビルという文字が紙面に踊るだけで、新聞が飛ぶように売れたそうです。100年以上も前の新聞でも、非常に注目されていた伝説のUMAなのですね。

【ジャージー・デビルの最初の目撃証言】
1735年、ニュージャージー州のパイン・バレンツという森林地帯の近くの街スミスビルに住んでいたリーズ夫人が、最初の目撃者である。リーズ夫人は13番目の子どもの出産時にあまりの痛みに「こんな子どもは悪魔になれ」と叫んでしまったという。

そして産後、子どもを抱いていると、赤ん坊は顔が伸びてウマのようになり、背中に翼が生えてきて、つま先は鋭く尖り、恐ろしい怪物に変身してしまった。そして、リーズ夫人の腕の中から雄叫びをあげて飛び去ったという。

この話が発端となり、以降280年に渡り、ジャージー・デビルの目撃例は2000を超えて報告され続けているという。
最新版「世界の未確認生物」カラー大百科 より)

このリーズ夫人の話を、そのまま信じられる現代人はいないと思われますが、下記のように、写真にも捉えられています。

有名なジャージー・デビルの写真

狩猟用の定点カメラが偶然撮影したと言われるジャージー・デビル

▲こちらは2008年7月17日、狩猟用の定点カメラが偶然撮影したと言われるジャージー・デビル(右側)です。

ジャージー・デビルは、チュパカブラ(吸血生物のUMA)の亜種との説もあるので、獲物の鹿を追っていたのでしょうか?

その悪魔のような姿といい、伝えられている奇怪な目撃証言といい、にわかには信じがたいUMAですが、目撃証言も多く、実際に上記のような写真や映像も残されています。

近い将来、ジャージー・デビルの実在を証明するニュースが飛び込んでくることを期待したいと思います。

参考)伝説のUMA「ジャージー・デビル」出現!! 200年間追い求めてきた衝撃の姿がそこに!

ビッグフット(パターソンフィルム)

▲こちらの動画も併せてご覧ください。最新の分析で、実在の可能税が高まったビッグフット!
パターソンフィルムを始め、ビッグフット、イエティの動画まとめ

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

UMAジャージー・デビルの驚愕映像が撮影された!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。