宇宙人は地球に来ている! アメリカ政府が隠し続ける宇宙人・UFOの存在。すでに米政府は宇宙人とコンタクトしている!

「ロサンゼルスの戦い」のUFO写真

これは古いSF映画の1シーンではありません。1942年2月25日、実際にロサンゼルスで撮影された有名なUFO写真です。

米陸軍は1430発もの対空攻撃を行いましたが、謎の機体からの反撃はありませんでした。

この出来事は「ロサンゼルスの戦い」と語り継がれています。この写真について、米国政府も調査をしましたが、謎の機体の正体は不明であり、真相は現在も謎のままです。

アメリカ政府は、宇宙人・UFOの存在を、今も隠し続けているのでしょうか?

スポンサーリンク

アメリカ政府のUFO調査は、最初から出来レースだった?

現在のアメリカは、公式なUFO研究は行っていないことになっています(少なくとも表向きには)。

しかし過去には、1947年から1969年まで、「プロジェクト・サイン」「プロジェクト・グラッジ」「プロジェクト・ブルーブック」と、アメリカ空軍による公式なUFO調査が継続的に行われていました。

米空軍の「プロジェクト・ブルーブック」

米空軍のプロジェクト・ブルーブックのメンバー

プロジェクト・ブルーブックのメンバー

1950年代に入ってから急増しているUFOの目撃報告に対応するため、プロジェクト・グラッジを再編し、1952年には「プロジェクト・ブルーブック」が発足されています。

この有名な調査では、12,618件にも上るUFO遭遇事例が調査の対象とされました。

しかし、全体の5.5%にあたる701件もの事例が、現在も未解決のまま残されています。

「プロジェクト・ブルーブック」の調査内容は現在、下記にて開示されています。
http://bluebookarchive.org/

UFO調査の本当の目的は何だったのか?

米政府は様々なUFO調査を行いましたが、いずれのプロジェクトにおいても「UFOは地球外生命体の乗り物である」という結論には達していません。

むしろ、意図的にUFO地球外説を否定する方向に導かれた印象があります。

プロジェクトの真の目的は、謎の解明ではなく、世間の目をUFOからそらすことにあったのではないかと思われるのです。

なぜならば、当時は米ソの冷戦時代という背景があり、アメリカ国民はいつ攻撃されるか分からないという大きな不安を抱えていたからです。

そんな中で、「UFOはソ連(ロシア)の新兵器ではないか?」という噂が広がり、人々がパニックを起こしたら大変です。このため、空からの脅威は、なるべく取り除いておきたかったのだと思います。

そのような当時の特殊な事情があるのですが、しかし、UFO調査プロジェクトを起ち上げた理由は、それだけではないと思います。

逆説的になりますが、UFO調査プロジェクトを起ち上げることによって、アメリカ政府は「知られてはいけない真実」を、覆い隠そうとしたのではないでしょうか?

アメリカ政府のUFO調査は、最初から出来レースであったと思われるのです。

アメリカ政府は、UFOや宇宙人の存在を知っていた!

ロズウェル事件のイメージ写真

1947年7月には、ニューメキシコ州ロズウェル付近にUFOが墜落し、その残骸と宇宙人の死骸が回収されたと言われる「ロズウェル事件」が起きています。

また、「ケネス・アーノルド事件(1947年6月24日)」や「マンテル大尉事件(1948年1月8日)」など、有名なUFO遭遇事件も立て続けに起きています。

アメリカのUFO調査プロジェクトは、そのような時期に創立されているわけですが、ここで大きな疑問が出てくるのです。

米政府は宇宙人の存在を知りながら、UFO調査をしていた?

仮に、もしもロズウェル事件で、「本当にUFOと宇宙人が回収されていた」とするならば、どうでしょうか?

すでにアメリカ政府は、宇宙人が地球に来ている事実を知っていたことになるのです。知っていながら、UFOの調査活動を始めているわけです。

実は、冒頭の写真で紹介した「ロサンゼルスの戦い」の当時には、まだ世の中には「UFO」という概念はありませんでした(当時は戦争中であったため、UFOを日本の戦闘機と勘違いして大騒ぎになっていた)。

ところがその後、有名なUFO事件が立て続けに発生して、多くの国民が「アレは何なのだ?」と騒ぎ始めたために、アメリカ政府も黙っていることが出来なくなったわけです。

政府として何かしらのアクションを起こさなければ余計に怪しまれるし、人々を納得させられなかったのではないでしょうか?

このため、「プロジェクト・サイン」等のUFO調査プロジェクトを始めたのですが、目的はUFOの正体を解明することではありませんでした

UFO調査の結論は、最初から決まっていた

もちろんプロジェクト内には、科学者を始め、真剣にUFOの正体を探ろうとする人たちもいたのですが、彼らはメンバーから外されていくことになります。

実際に「プロジェクト・グラッジ」の科学コンサルタントの責任者であったアラン・ハイネック氏は、「プロジェクトは内部の将校同士で話し合うだけで、科学者や研究所と協力しようとしない閉ざされた体制を築いていた」と、プロジェクトの体制を公に批判しています。

「UFOも宇宙人も、地球に来てなどいないのだ!」
「ただの見間違えか、自然現象で説明がつくものである」
「集団パニックが引き起こした幻視である」

UFO調査プロジェクトとは名ばかりで、最初からこのような結論が決まっていた出来レースだったのではないでしょうか?

調査は、第三者的な機関ではなく、米空軍の主導で行われていたことからも、それが覗えます。

アメリカ政府は、UFOや宇宙人が地球に来ている事実を公表するどころか、現在もその存在さえ認めてはいません。

しかし、アメリカ政府の公式見解に真っ向から異を唱えている人たちは、元政府高官や元軍人、元宇宙飛行士など、数多くいるのです。

元宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏が、宇宙人の存在を公言!

アポロ14号に搭乗した元宇宙飛行士、エドガー・ミッチェル

エドガー・ミッチェル氏(アポロ14号に搭乗した元宇宙飛行士)。
月面を歩いた6番目の宇宙飛行士として知られています。写真左は、1971年2月6日、月面で地図を確認しているミッチェル氏です。

エドガー・ミッチェル氏は、「宇宙人が地球にいることは否定できません」と、宇宙人の存在を公言している人物の一人です。

下記の動画は、アメリカ政府の最高機密の暴露と、ロズウェル事件についても語っています。
まずは動画をご覧ください!

エドガー・ミッチェル氏のインタビュー動画

ミッチェル氏は、地球に来ている宇宙人は一種類ではなく、人間とそっくりな宇宙人もいれば、リトルグリーンリトルグレイと呼ばれる宇宙人、そして、もっと小さい者もいると述べています。

彼は有名なロズウェル事件が起きたニューメキシコ州ロズウェルの出身であり、故郷の複数の人たちから当時のロズウェル事件の真相を聞かされました。

それは、墜落した物体は軍が発表した気象観測気球などではなく、本物の宇宙船であったというものです。

ロズウェル事件の真実が暴かれている『ザ・デイ・アフター・ロズウェル』

ロズウェル事件については、動画にも登場していたフィリップ・コーソー氏の著書「ザ・デイ・アフター・ロズウェル(The Day After Roswell)」に、その真実が暴かれています。

ロズウェル事件の関連書籍は多々ありますが、これはその中で最も信憑性が高い書籍であり、当時の軍の対応まで具体的に語られています。

それもそのはずで、著者のフィリップ・コーソー氏は、1960年代のペンタゴンの情報部将校であり、ロズウェル事件のすべてを知る人物なのです。

発行されたのは1997年であり、ニューヨークでは大ベストセラーになりました。

ところが著者のコーソー氏は、出版された翌年の1998年に心臓麻痺による謎の死を遂げています。政府の最高機密を暴露してしまった本であったために、政府の手が回ってしまったのでしょうか…?

この「ザ・デイ・アフター・ロズウェル」の翻訳本が、『ペンタゴンの陰謀』です。残念ながら現在は絶版ですが、中古で入手できます。

地球に来ている宇宙人の種類

元宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏は、地球に来ている宇宙人は一種類ではないと言っていました。

では、いったいどれくらいの種類の宇宙人が地球に訪れているのでしょうか?

この動画では8種類の宇宙人が紹介されています。しかし、フラットウッズ・モンスターのようなマイナーな宇宙人まで含めると、恐らく100種類以上の宇宙人が地球に訪れているのではないでしょうか?

地球に似た星の存在は、100個以上も判明している

NASAの宇宙望遠鏡ケプラーが分析したデータによると、私たちの銀河系(天の川銀河)だけでも、太陽に似た星が3500個、地球に似た星も100個以上存在していることが判明しています。

間違えていけないのは、これは天の川銀河のごく一部の範囲から得たデータであるということです。天の川銀河だけでも、本当は、まだまだこんな数じゃない!ということです。

問題は、たとえ宇宙人がいるとしても、「遠い星から、どうやって地球に来ているのか?」ということではないでしょうか?

光速を超えれば、距離は克服できる

例えば、「こと座のベガ星」にもベガ星人がいると言われていますが、この星は地球から約25光年も離れています。

仮にベガ星人がいたとしても、光の速さで25年も掛かる距離にいるわけです。そんな星から、はるばる宇宙船に乗って地球にやって来られるはずがない!と思うかもしれません。

でも、ワームホールを通過するなど、光速を超えるテクノロジーを持っていれば、地球に来ることは可能なのです。

人間の足では25時間も掛かる距離でも、ヘリコプターを飛ばせば、あっという間に着いてしまいますね。でも、ヘリコプターを知らない人には、そんな話は信じられないでしょう。

「そんなの有り得ない!」というのは今の地球人の常識であって、宇宙人の常識ではないのですね。光速を超えれば、距離は克服できます

この広い宇宙では、私たちの天の川銀河でさえ、砂粒ほどの存在です。現在の科学で観測できる宇宙の範囲に限ってみても、この宇宙には、少なくとも1700億個の銀河が存在すると考えられています。

地球以外には生命体が存在しないと思うほうが非常識であり、地球の科学で何でも解明できると考えるのは、おこがましいのではないでしょうか?

アメリカ政府は、すでに宇宙人とコンタクトしている!

地球に訪れている宇宙人たちが、何の目的で飛来しているのかはそれぞれの事情によって異なると思いますが、単なる観光ではないでしょう。

やはり、最終的には地球人とのコンタクトを望んでいると思います。

アイゼンハワー大統領は、宇宙人と会見していた

アイゼンハワー大統領

アイゼンハワー大統領(第34代米国大統領)が在任中の1954年2月20日、カリフォルニア州にあるエドワーズ空軍基地にて宇宙人と秘密裏に会見していたという話は有名です。

大統領は、宇宙人が地球に来ている事実を国民に伝える声明文の準備までしていましたが、CIAを始めとする当局に強く説得されて、公表を断念したとも言われています。

米政府と宇宙人の会見はその後もあり、実は、最初の宇宙人とは違う宇宙人と米政府は手を組んだという情報もあります。最初に会見した宇宙人の種族が最強ではないと分かったからです。

宇宙人たちは高度なテクノロジーを提供する代わりに、地球上の調査の許可を得たり、地球への移住計画の交渉をしていると言われています。

地球の調査と言えば聞こえは良いですが、これにはアブダクション(宇宙人の仕業による誘拐事件)や、キャトルミューティレーション(牛や馬などの家畜の変死事件)なども含まれます。

このような宇宙人との闇取引があるために、アメリカ政府は宇宙人の存在を公表できないわけです。

軍事機密は、宇宙人と密接に結び付いている

しかし、アメリカ政府が宇宙人の存在を公表しない大きな理由は、宇宙人が持っている高度なテクノロジーを、アメリカ一国で独占したいからでしょう。ステルス戦闘機も、宇宙人の技術から生まれたと言われています。

国家の繁栄にとって、もっとも重要なことは、今も昔も「軍事力」なのです。

最強の軍事力さえあれば、国家が潰れることはありません。乱暴な言い方をすれば、資源などなくても、他国から奪い取ってしまえばいいわけです。表向きには平和的な外交手段に見せて、裏では軍事力を背景にして脅すことはできるのです。

軍事機密は、国家の最高機密に属します。その軍事機密が、宇宙人と密接に結び付いているのならば、たやすく公表できるはずがないのです。

宇宙時代の幕開けと、文明の崩壊は表裏一体

さらに、宇宙人の存在を公表できないもう一つの大きな理由としては、今まで人類が築き上げてきた文明が崩壊してしまう恐れがあるからではないでしょうか?

これは人類にとって、宇宙時代の幕開けとして歓迎すべきことである一方、それでは困る既存勢力があることは、誰もが想像できると思います。

例えば、世界中で巨大な利権を握っているエネルギー産業は、どうでしょうか。石油、電力、原子力の産業は、今の世界を動かしている一大勢力です。

しかし、UFOはそのような古いエネルギーではなく、人類が実用化できていないフリーエネルギーを使用してUFOを動かしていると考えられています。

UFOの存在が知られたならば、世界中の人々が夢のようなフリーエネルギーの活用を望むようになるでしょう。それでは既存のエネルギー産業が崩壊してしまうのです。

今まで価値のあったものが、宇宙人たちの新技術によって途端に価値を失ってしまうことが、他にも数多くあるはずです。

ダイヤモンドやゴールド(金)も量産できてしまったら価値がなくなり、今の金融システムが崩壊しかねませんね?

また、人類の本当の起源が知れたら、既存の世界宗教の権威もガタ落ちするかもしれません。

今の世界を動かしている勢力のトップにいる一部の人たちは、政府と強く結び付いていますから、すでに宇宙人が来ている事実を知っているものと思われます。

もしも宇宙人やUFOの存在を、政府が公表しようとするものなら、彼らは断固として阻止しようとするのではないでしょうか?

アメリカ政府は、宇宙人情報を公開するのか?

現在、UFO情報を公開している国は、カナダ、イギリス、フランス、スウェーデン、デンマーク、インド、ニュージーランド、ペルー、チリ、ウルグアイ、ブラジルなどです。

2016年10月には、スペイン国防省も1,900ページにものぼるUFOファイルを初めてネット上に公開し、 「スペイン版Xファイル」とも呼ばれる機密資料に注目が集まっています。
スペイン国防省オンライン図書館

アルゼンチンも空軍内にUFOを調査する関連組織を持っており、ロシアもUFO情報の開示には積極的な姿勢を見せているとも言われています。

そして遂にアメリカも近々、「宇宙人の存在を公表するのではないか?」と囁かれています。

実際にヒラリー・クリントン氏は、自分が大統領になったら専門調査団を結成して、UFOとエイリアンの真相を究明すると公約しています。
(2015年12月29日、地方紙「The Conway Daily Sun」の記者の質問に答える形で公言した)

しかし、地球に訪れているUFOと宇宙人の存在を公表するのは、大統領でさえ一筋縄ではいかない問題かもしれません。一説には、ケネディ大統領が暗殺された理由は、大統領が宇宙人の存在を公表しようとしたからだとも言われているのです。

仮にUFO情報を公開するとしても、それはロズウェル事件などの核心に迫る情報ではなく、かつての「プロジェクト・ブルーブック」と同様に、謎の飛行物体が何であったのか説明できないケースを公表する程度ではないでしょうか?

エイリアン・クラフトとしてのUFOだと政府が断言するわけではなく、国民に知られたとしても、パニックが起きない程度の情報公開になると思われます。

恐らく、私たちが真実を知る日は、宇宙人たちがそれを強く望んで、政府に要請した時なのだと思います。私たちが驚愕の真実を知らされる日は、ある日突然やって来るのかもしれません。

惑星セルポに旅立った12名の米軍人! プロジェクト・セルポは、人類と宇宙人イーブの交換留学だった!
ロズウェル事件は有名ですが、墜落したUFOと宇宙人たちの死骸が回収された、という話までしか知らない人が多いと思います。 実は、墜落したUFOには、...

こちらは地球人が宇宙人との交換留学で、他の惑星に旅立った「プロジェクト・セルポ」についてです。宇宙人が地球に来ているだけでなく、地球人も宇宙人の住む惑星に行っていたという驚愕のプロジェクトです!