元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤー 「米国はUFO情報を公開せよ!」

2013年4月29日から5月3日にかけて、ワシントンD.C.で「シチズンズ・ヒアリング・ディスクロージャー公聴会」が開催されました。
その時のポール・ヘリヤー氏のスピーチ抜粋映像です。

映像のポール・ヘリヤー氏は、カナダのレスター・ピアソン第14代首相当時に、国防相を務めていた人物です。

先進国G8に入る政府高官が、真面目にUFOの存在を信じ、「UFOは飛行機が上空を飛んでいるのと同じくらい現実的である」と公言しています。

日本語の翻訳が付いていますので、ぜひご覧ください!

米国は隠蔽しているUFO情報を公開せよ!

ちなみに、この公聴会は、政府・軍のエージェントら40人によるUFO情報を暴露するための公聴会で、「国会が情報公開をしないのであれば、国民が実行する」という主旨のもとに開催されています。

  • ポール・ヘリヤー氏は、おもに下記の発言をしました。
  • 少なくとも4種類のエイリアンが何千年もの間、地球に来ている。
  • 今いるエイリアンのうち5種類の名前は「ゼータ・レティクル、プレアデス、オリオン、アンドロメダ、わし座(アルタイル)である。
  • 少なくとも二種類の宇宙人が、アメリカ政府機関で働いている。
  • 地球温暖化などの現象について、彼らのテクノロジーで地球を救うことができる。
  • その情報開示を阻む、既得権を持つ「陰の政府」がアメリカには存在し、一方的に世界を支配しようとし、宗教の違い等から生じる様々な不和を引き起こしている。

このポール・ヘリヤー氏の証言は、アメリカのハフィントン・ポストなどでも報じられました。

日本でも最近、アントニオ猪木議員が国会の場でUFO問題の質問をしました。

アントニオ猪木、国会でUFOの質問! 日本はUFO後進国
2015年4月1日、アントニオ猪木議員が、国会の場でUFOに関する質問をして話題になりました。 UFOを含めたあらゆる危険を想定することは、国家と...

その際には、多くの議員が嘲笑しているようでした。日本では、UFOはオカルト番組でしか取り上げられませんが、海外では、まじめに国防問題として捉えている国も多いのです。

ポール・ヘリヤー氏は、現在も講演活動を積極的に行い、「米国は隠蔽しているUFO情報を公開せよ!」と強く訴え続けています。

元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤー氏

この動画では、少なくとも4種類の宇宙人が地球に訪れていると、ポール・ヘリヤー氏は語っています。

ポール・ヘリヤー氏のテレビ番組のインタビュー映像

こちらはテレビ番組のインタビューに答えているポール・ヘリヤー氏です。

2013年12月30日、ロシアのニュース専門局「ロシア・トゥデイ」で放送された­異星人問題に関する、モスクワ~トロント間の中継インタビューです。

    冷戦時代の1961年に、約50機のUFOの編隊が、ロシアから南下してヨーロッパを横断しました。連合国軍最高司令官は、これを非常に懸念し、非常ボタンを押す準備ができていました。

ポール・ヘリヤー氏は、インタビューの中で、このようなことも語っています。

幸いなことに、UFOの編隊は方向を変えたために、UFO 対 連合国軍の戦いには至らなかったようですが、元国防相の発言だけにリアリティがありますね。

少し長いですが、こちらも日本訳が付いていますので、じっくりとご覧ください。

 「ロシア・トゥデイ」で放送されたポール・ヘリヤー氏のインタビュー

「何が起きているかを知らなければ、種としての人類は潜在的な危険に晒されます」と、元カナダ防衛大臣のポール・ヘリヤー氏は訴えています。

米国がUFO情報を公開しない本当の理由! ポール・ヘリヤー元カナダ国防大臣
元カナダ国防大臣ポール・ヘリヤー氏のインタビュー動画です(前半は元宇宙飛行士の故エドガー・ミッチェル氏、後半にポール・ヘリヤー氏のインタビュー)。 ...
スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤー 「米国はUFO情報を公開せよ!」
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤー 「米国はUFO情報を公開せよ!」』へのコメント

  1. […] こちらも併せてお読みください。 元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤー、UFOの存在を公言するスピーチ ⇒http://machiukezoo.biz/archives/398 […]

  2. […] ▲元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤー、UFOの存在を公言するスピーチ こちらもあわせてお読みください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/398 […]