桜島UFO、海外も注目! 火山噴火でUFOが多発するのは何故か?

こちらは2015年1月23日20時39分頃、噴火する桜島の上空に出現したUFOを捉えた映像です。

世界でもメキシコのポポカテペトル山を始め、火山噴火にはUFOが多発する現象が数多く見られます。

日本でも、桜島で頻繁に出現しているUFOは、“Sakurajima UFO”として海外からも注目されています。

他にも、桜島を始め、日本の火山噴火に出没しているUFO動画を集めてみました。ぜひご覧ください!

桜島のUFOを、写真で確認してみると…

桜島が激しく噴火し、噴煙の高さが4,000mにも達している最中に、火口に向かうかのように横切っているUFOの姿が、見事に捉えられています。

噴火の最中、右方向からUFOが出現!

桜島の噴火時にUFOが出現

右方向から、UFOが出現しています! これはテレビで放送された映像だと思いますが、番組スタッフも放送する前に気付いていたのではないでしょうか?

とはいえ、ちょうど激しく噴火している最中に、UFOが姿を見せています。モザイク処理をしたら不自然ですし、他の映像にも差し替えられません。そのまま放送するしかなかったのでしょう。

UFOを拡大して見ると…

桜島の噴火で現れたUFOの拡大写真

白い尾を引くようにして飛行しています。飛行機の点滅の光ではないですね。まるで火口に突っ込んでいくかのような角度で下降しています。

もっと間近で噴火している状況を観測したかったのでしょうか?

よく見れば一機だけでなく、複数のUFOも!

桜島の噴火で、上空に複数のUFOがホバリング

右方向から現れたUFOだけに注目してしまいますが、左側の上空にも、噴火を見守るかのようにしてUFOがホバリングしています。

少なくとも3機がいて、その中の一機は移動している様子も確認できます。

UFOではなく、飛行機だった?

やっぱり飛行機じゃないの?」という指摘もあると思います。実際に当日の同時間帯に、鹿児島空港への到着便はあったようです。

しかし、動画の後半の説明に、「桜島の標高は1,117m、航空機の最終侵入経路への旋回高度は3,500feet(約1,000m)、地上からのカメラで映るはずがない」とあります。

要するに、飛行機が飛んでいたとしても、位置的には桜島の向こう側なのです。山の高さよりも低く飛んでいる飛行機を、地上のカメラで捉えられるはずがないでしょ?ということです。

また、出現しているUFOは、一機だけではありません。この点からも、やはり飛行機では説明が付かないと思います。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

桜島UFO、海外も注目! 火山噴火でUFOが多発するのは何故か?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『桜島UFO、海外も注目! 火山噴火でUFOが多発するのは何故か?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/11/03(木) 19:40:12 ID:67fa891ab 返信

    噴火のあった火山周辺に出現するUFO(未確認という意味での)に限って言えば、その目撃・撮影の頻度からCG等の偽物ではないものが含まれている可能性は高そうですね。それが人工物なのか自然現象なのかはさておき、実際にそこに”何か”があるのは間違いないように思えます。もっと高性能な超々望遠可能な高解像度カメラで撮影するとかできないものでしょうかねぇ。
    地震や火山を研究されている研究者の方々は我々素人よりも多くの映像を見ていると思うのですが、この不自然な発光飛行体に気がつかないのでしょうか?それとも気づいているけど口に出せない何かがあるのか…。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/11/04(金) 05:08:59 ID:f435874e6 返信

      火山を研究されている学者さんがUFOを見ても、専門外のことは公言はしないでしょうね。特に日本は村社会なので、その傾向が強いと思います。
      ちなみに、自衛隊や民間航空機のパイロットのほとんどの人たちも本当はUFOを目撃しているのですが、それを言うと任務を外されてしまうので、現役中は公言しません。言っても引退後になりますね。