月面に謎の建造物! グーグルムーンで多数発見! 宇宙人が建造した太陽光のエネルギー変換装置か?

グーグル社が提供する月面地図グーグルムーンで、謎の建造物が発見されて話題になっています。

過去にもグーグルムーンでは謎の構造物が発見されていますが、今回は本当に「謎」としか言い様のないものです。「ウナギの骨のような」とか、あるいは「巨大な櫛(くし)のような」としか形容できません。

その正体については後で考察してみますが、まずは、実際にグーグルムーンで確認してみた動画をご覧ください!

ウナギの骨のような謎の構造物を、画像で確認してみると…

地球上には、これに類似した構造物が思い付かない

月面のウナギの骨のような構造物1

グーグルムーン座標:3° 53'18.47"S 17°34'20.73"W

こういう画像を見ると、「データのノイズか、レンズの傷じゃないの?」と生真面目に指摘してくる人たちが少なからずいるので、最初に言っておきます。はい、もちろん、その可能性も普通にあります。

でも、ここはオカルトのサイトなので、それで終わりにするわけにはいかないのです(笑)

この画像を見ると、影の輪郭が見えており、影が出ている方向も周辺の岩と一致しています(※動画ではクレーターと言っていますが、そうではなく、岩や小山などの突起物として見た場合の見解です)。

そう考えると、「やはり、何かしらの構造物ではないか?」という可能性だってあると思うのです。

とはいえ、人工物だとしても意味不明な形状ですね。ピラミッドやタワーのような形をしていれば、イメージがしやすいのですが、地球上には、これに類似する構造物が思い付きません。

だからと言って、偶然にできた自然物には見えませんね。

謎の構造物の長さは、約130メートル

月面の謎の構造物の大きさ

グーグルムーンのメジャーで測ってみると、長さは約130メートル幅は約15メートルあります。人工物として考えると、けっこう大きいですね。

超巨大ムカデのような生物のミイラや化石の可能性も考えてはみましたが、ここは月面ですし、さすがに無理があるかな…という気はします。

他にも同じような構造物を多数発見!

実は、グーグルムーンで確認してみると、他にも同じような構造物を多数発見できます。場所はアポロ14号が着地した地点から、7~8km離れた辺りです。

少なくとも30個くらいが目視できます。以下、写真をいくつか掲載しますので、ご覧ください。その後に、この謎の構造物の正体を考えてみます。

月面のウナギの骨のような構造物2

月面のウナギの骨のような構造物3

月面のウナギの骨のような構造物4

月面のウナギの骨のような構造物5

月面のウナギの骨のような構造物6

月面のウナギの骨のような構造物7

宇宙人が建造した太陽光のエネルギー変換装置か?

いくつかの写真を見てお分かりのように、並んでいる方向が全て同じです。

これは、ちょっと奇妙ですね。仮に画像データのノイズやレンズのゴミと考えても、それがこのような複雑な造形となり、しかも全て同じ方向で一致するものでしょうか?

また、謎の構造物は、およそ長さ7~8km × 幅1.5kmの範囲の中にあります。その範囲よりも外には見当たりません。あたかも、きちんと計画された区画の中に建造されているかのようです。

これらの点を考えると、太陽光のエネルギー変換装置という可能性はないでしょうか? 地球で呼ぶところのソーラー発電です。

太陽光を効率よくエネルギーに変換するためには、装置の向いている方向や、設置する場所が重要です。これで写真の謎の構造物が、全て同じ方向に向いているという謎は解けます。

謎の構造物の正体は、月を前線基地にしている宇宙人が、この辺りに建造した地下施設にエネルギーを供給している装置なのかもしれません。

あるいは、今はもう使用されておらず、月の古代文明が残したエネルギー変換装置の遺跡かもしれません。

想像でしかありませんが、仮説の一つとしては、おもしろいのではないでしょうか?

グーグルムーンで、「人類が知ってはいけないもの」が発見された?

月の謎と言えば、NASAのアポロ計画は外せません。今回の謎の構造物も、アポロ14号の着地点から近い場所にありますが、これはただの偶然なのでしょうか?

アポロ20号が撮影した映像

アポロ計画では、当初はアポロ20号まで飛ばす予定であったのに、なぜか突如として1972年、アポロ17号を最後にして中止が発表されています。

その理由については、表向きには予算削減のためとなっています。しかし、「実際の理由は違うのではないか?」と懐疑的に考えている人たちは、今も数多くいます。

NASAは中止を発表しておきながら、その後、NASAの公式記録には存在しないアポロ20号を、秘密裏に月に打ち上げたと言われています。

そのアポロ20号は、月の裏側にある古代遺跡を始め、月面に捨てられていた宇宙船や乗組員のミイラを発見し、その時に撮影されたという映像もネットに流出しています。

真偽のほどは定かではありませんが、以下がその映像の一部です。

月のミイラ・モナリザ、かぐや姫の謎! アポロ20号が月の裏側で、巨大宇宙船を調査していた!
NASAのアポロ計画は、人類が達成した大きな偉業ですが、非常に謎の多い計画です。 月の裏側で発見された謎の宇宙船、その船内で発見された謎の...

月の驚くべき真実

NASAが当初の予定を変更し、アポロ計画の中止を発表した理由は、人類が知ってはいけない衝撃的なものを、月面に発見してしまったからだとも言われています。

アポロ20号は、その再調査のために打ち上げられたわけです。だから今も公表できないのです。

今回のウナギの骨のような構造物も、「人類が知ってはいけないもの」だったのでしょうか? その可能性はありますね。

月面の古代遺跡と言われている映像を見ると、今回のウナギの骨のような謎の構造物にも、どこか共通する独特なデザインをしています。人類が造ったような建造物には見えません。

私たちはグーグルムーンによって、アポロ計画の中止の原因となった「月の驚くべき真実」の一端を、垣間見ているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

月面に謎の建造物! グーグルムーンで多数発見! 宇宙人が建造した太陽光のエネルギー変換装置か?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『月面に謎の建造物! グーグルムーンで多数発見! 宇宙人が建造した太陽光のエネルギー変換装置か?』へのコメント

  1. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/03/12(日) 20:06:39 ID:c93bf0c28 返信

    初めまして。うつぎれい と申します。

    同じく月面の異常構造物を詳しく研究しておりますので、大真面目にコメントさせていただきます。

    動画を拝見致しました。グーグルムーン上でも件の線状図形を確認しました。

    まず「クレーターと同じ方向に影が出てるので構造物です」という点に大いに異論があります。
    凹構造であるクレーターと同じ側に影が出てるなら件の線状図形も凹構造ということになるからです。

    更に、NASAの撮影した写真のようですが、件のウナギの骨状の白い線が、画像のつなぎ目の線、及び自動的に入る十字線にほぼピッタリと一致してる点が気になりました。

    今年 ( 2017年 ) の記事なので、それ程昔のグーグルムーンでの取り込み画像ではない筈と思うのですが、何故か現在のグーグルムーン表示では右上に入る筈の方位表示がありませんので、確認の為にグーグルムーン上でも確認してみました。
     ( 実はETの作る構造物と判定するためには、東西南北線に対する向きの確認が非常に重要なのです。その場所での方位表示が確認出来ないと判定が難しくなります。 )

    すると件の百数十メートル程の線状構造物群の伸びてる方向は、どれも月面の東西南北線には沿っておらず、NASAのカメラの十字線と写真の継ぎ目にだけ、ほぼ沿ってる事が分かります。( ということはこのウナギの骨のような白い線はNASAのカメラ撮影由来の図形である可能性が高くなります。 )

    と言いますのは、実は当方はこのアポロ14号着陸地よりも南にあります「チコクレーター」のかぐや撮影画像を昨年春頃から詳細にチェックしておりまして、その細部に厖大な地球外知的生命体の都市構造があるのを既に何千ヶ所もで確認しているのですが、彼らの手になる構造物の顕著な特徴の一つは、その殆ど悉くが「月面の東西南北線に沿った4辺を持つ矩形の構造物」であることなのです。

    そうした特徴は、既に裏側の「モスクワの海」や南極地方の「カベウスクレーター」や「晴れの海」に存在している無数の構造物に於いてもかなりの度で成立しており、彼らの直角構造と東西南北線に何が何でも合わせようとするこだわりは並大抵のものではないように思えます。

    詳細は http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_015.htm で公開してます。

    また、2016年の年末にその同じような特徴を持つ構造物が、ペルーとボリビアの国境峰の標高5000メートル級の山頂にも集中的に存在してることを発見しました。

    更に、その近くの湖沼群の底にも東西南北線にピッタリと沿った、あたかも集積回路の如く模様があることを発見し、そのほぼ建設不可能そうな立地と規模と、完璧な直角構造の異常さから、人類外知的生命体の手になる物だろうと判断しております。

    こちらも、詳しくは http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_016.htm で公開してます。

    またUFOやETが本当に存在してることの決定的な証拠のまとめとしては、以下に短く纏めてあります。
    http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-12252621710.html

    多くの人に、本当に宇宙人やUFOが月面にも地球上にも歴然と居て、その決定的な証拠が、こうしてグーグルムーンや、グーグルアースや、既に発表され、事実であることが確認され、公開されてる情報だけからでも簡単に見付かるし、誰もが自分の目と手で実際に確認出来るのだという事を伝えて下さい。

    どうか上のページを活用して下さい。

    ご来訪をお待ちしております。

    うつぎれい より

    • 名前:管理人 投稿日:2017/03/13(月) 03:18:27 ID:70e477685 返信

      ご指摘のように、動画ではクレーターと言っていますね。本文のほうが正しくて、クレーターではなく、岩や小山などの突起物としての見解ですので訂正しておきます。
      「カメラ撮影由来の図形」という可能性も捨てきれませんが、このような図形の例は見たことがありません。一つ一つ全て異なるというのも奇妙ですね。また、グーグルムーンでは構造物が崩壊しているようなものも確認できます。
      このため、何かしらの構造物ではないか?というのが私の見解です。
      東西南北線に対する向きの確認が非常に重要、という見解は興味深いですね。サイトは参考にさせて頂きます。

  2. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/03/31(金) 01:43:27 ID:caff19f72 返信

    ご回答を有難うございます。
    ご回答を頂いていたことに今日まで気付いておらず、失礼いたしました。

    月面についての隠蔽は余りにも露骨なので、一旦気付いてしまえば誰にもNASAやJAXAが大嘘をついてることが分かる筈なのですが、日本のテレビや紙マスコミは全体として、NASAやJAXAと一緒になってこのウソを無視して騒ぎ立てたりしないでおこう・・・という奇妙な空気があります。
    それには何と、あの学研の「ムー」までが同調してるようで、ムーの編集長と編集部は当方からのこれについての情報提供を一切無視して取り上げないばかりか、ムーのツイッター上では、当方のアクセスそのものをブロックして完全にシャットアウトしようとして来ました。3年前には当方の「911テロ旅客機CG説」のページを巻頭グラビアで紹介までしていたムーなのにも拘わらず・・・です。

    「ムー」のような雑誌が、「チコクレーター」や「アンデスの集積回路湖」や「ペルー・ボリビア国境峰の山頂に拡がる異様な構造物群についての私からの情報提供を完全に拒んで、一切扱おうとしないのは余りにも奇妙に過ぎる反応ぶりなので、どうやら日本の出版界は日本の科学界や日本政府と同じように、「米の対日工作部隊の圧力」には極めて弱くてほぼ言いなりであることが改めて分かりました。

    • 名前:管理人 投稿日:2017/04/01(土) 22:55:31 ID:9e923ec1a 返信

      NASAもJAXAも政府機関ですから、UFOや宇宙人の情報公開に踏み切るほどの権限は、単独では持っていないのですね。そもそもNASAは軍事目的で設立されているので、組織自体が隠蔽体質ですし、自主規制をしているのだと思います。
      日本の場合は、どうでしょうかね…。UFO後進国ですから、政府自体が情報をそれほど持っていないかもしれません。日本のUFO情報は、逆にアメリカの機関のほうが詳しいと聞きます。
      「ムー」の詳しい事情は知りませんが、だとしたら残念ですね。三上編集長もサラリーマンですから、上には逆らえないのかもしれませんね。