巨大シンクホールが魚25トンと池の水を丸呑み! 地下にUFO基地か? 博多駅前にも巨大な穴が!

このニュースは2016年3月29日付の「YAHOO NEWS」や、英紙「The Daily Mirror」などで報じられています。

シンクホール(巨大な陥没穴)が突如として出現したのは、中国の広西チワン族自治区にある魚の養殖池だそうです。

池では1万匹を超える魚が養殖されていましたが、そのすべての魚(25トン)が一夜にして、池の水と一緒に消えてしまったとのことです。

スポンサーリンク

シンクホール(巨大陥没穴)を、写真で確認してみると…

突如として巨大なシンクホールが出来たことも不思議ですが、一夜にして、池の水と魚(25トン)が飲み込まれたというのも不可解ですね。徐々に水が消えて行ったのではないのです。

地下に巨大な空間がなければ、このような事態にはなりません。その巨大空間は何なのか?ということが、一番の疑問になります。

養殖池の底に、突如としてシンクホールが出現!

魚25トンと池の水を吸い込んだ巨大シンクホールが中国に出現! UFO基地が原因か?

池の底に、巨大な穴がぽっかりと空いています。こんな深い穴が、突如として出来たというのですから驚きです!

まるで人工的にくり抜かれたような穴

養殖池の底に空いた「巨大な陥没穴」

穴の中に、まだ水が流れ込んでいるのが生々しいですね。ただ、不思議なのは、人工的にぽっかりとくり抜かれたように穴が空いていることです。

普通に考えれば、池の底は柔らかな泥でしょうから、水が流れ込む勢いで穴の縁も削られて、もう少し緩やかな傾斜の穴になると思うのですが…。
真上から見ている写真がないので分かりませんが、穴はどのくらいの深さなのでしょうか?

人命に関わる被害はなかった

今回のシンクホールは、池の底に空いたからまだ良かったものの、道路や住宅街に空いていたら、人命に関わる被害が出ていたかもしれません。

シンクホールに困惑する養殖池の経営者

この池で養殖業を営むヤンさんは、下記のように述べて困惑しているそうです。

まるで魚に羽が生えて、飛んでしまったかのような出来事ですよ。
最初に気づいたのは、朝の4時ごろ、池の見回りをしていた時に養殖池の水位がかなり下がっているということでした。
その後9時ごろに見に来たら、水もろとも、魚が全部いなかったのです。

文字通り、一夜にしてすべて消えてしまったわけです。

後に残されたのは、池の底にポッカリと空いた巨大な穴だけというのですから、「怪奇現象が起きた!」という話だけでは済まされません。被害が甚大ですね…。

巨大シンクホールの原因は、地下のUFO基地なのか?

今回のケースでは、なぜ養殖池の底に突如として、このような巨大なシンクホールが出来たのでしょうか?

UFO研究家の見解は?

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、自身のサイトで下記の見解を述べています。

私が言いたいことは、これがただのシンクホール(陥没)ならば、なぜこれほどキレイに垂直の穴が空くのか、ということなのです。
魚は穴へと流れ込んでしまったのかもしれません。しかし、養殖池の水はどこに消えてしまったというのでしょう

すべてを飲み込むほどのスペースが穴の中にあるとしたら、それは間違いなくUFO基地のような空間に違いないのです。
UFOは、しばしば地下数kmにある基地から飛び立ちます。これは完全にUFOの入口、もしくは出口です。

地下にUFO基地が存在している?

ウェアリング氏は、地下にUFO基地があるのだ!という見解ですね。確かに、穴がどれだけ深かったとしても、池の水を吸い込むだけの巨大な地下空間がなければ、一夜にして水が消失してしまうなんて、ちょっと考えられません。

また、映像を見ても分かる通り、まるで人工的にぽっかりと垂直に空けたかのような穴の構造も、不可解な感じはします。

もちろん、何でもかんでも不思議な現象にUFOや宇宙人が関与しているとは思いませんが、仮説としては考えられます。近年になってから、世界中で急激にシンクホールが出現しているというのも、偶然ではない気がします。

今回の件では、養殖魚が巨大な穴に飲み込まれた被害も出ているのですから、今後のためにも地下の構造がどうなっているのか、しっかりと調査を進めてほしいですね。

いつどこでシンクホールが空くのか、予測不能の恐怖!

シンクホールそのものは、世界各地でも報告されており、そのすべてが原因不明の怪奇現象というわけではありません

地下の水道管が漏水して地盤が崩れて発生する場合や、建設工事による掘削によって地下水が抜け、地盤沈下を起こすことで穴が開く場合などがあるそうです。

<フロリダ州では就寝中にシンクホールが発生し、男性が行方不明に!

2013年、米国フロリダ州のブランドンでは、民家の寝室にシンクホールが出現して、就寝中だった男性が穴に落ちてしまい、そのまま行方不明になってしまったという痛ましい事件も起きています。

寝ている間に、地下の穴に飲み込まれてしまうなんて、たまったものではないですね。行方不明ということは、捜索が不可能なほど穴が深かったということでしょうか?

家の中であろうが、いつどこでシンクホールが空くのかは、予測不能なのです。

グアテマラシティの民家に出来たシンクホール

グアテマラシティの民家に出来たシンクホール

これはグアテマラシティ(中央アメリカに位置するグアテマラ共和国の首都)の民家に、突如として出来たシンクホールなのだそうです。

人間が掘っても、これほどキレイに穴は空きません。いったい、どこまで深いのでしょうか? 「家の床にぽっかり穴が空くなんて、嘘でしょ!」という感じですが、現実の話なのだから怖いです。

日本にもシンクホールが発生!

日本に出来たシンクホール(愛知県春日井市出川町の公園)

海外だけの話かと思ったら2015年3月17日、日本でもシンクホールが発生したニュースが報道されています。写真は、愛知県春日井市出川町の公園です。

深さ2m、幅5m程度で、シンクホールとしては小規模ですが、子どもが遊ぶ公園のブランコの下なんて、ゾッとしますね。

博多駅前で道路が陥没! 巨大なシンクホール

博多駅前で道路が陥没

こちらは2016年11月8日の早朝、福岡県福岡市博多駅前で道路が陥没した画像です! 地元の人の証言によると、博多駅前通りで、すごい音を立てて道路が陥没していたそうです。

かなり巨大なシンクホールです。この規模は日本では珍しいのではないでしょうか? しかも交通量の多い道路の交差点に、ぽっかりと穴が空いています! 見ての通り、時間の経過とともに穴が広がっているので、しばらく交通に影響が出るでしょう。

2014年10月27日にも福岡市博多区で道路が陥没しましたが、福岡市交通局建設課は、たて坑施工時の地盤改良が不十分だった可能性を指摘していました。

今回は前回を上回る規模になっています。

<スウェーデンにできた世界最大級のシンクホール

スウェーデンにできた世界最大級のシンクホール

こちらはスウェーデンにできた世界最大級のシンクホールです。ここまで大きなものになると、まさに「地球の穴」のような様相になってきますね…。

白い煙まで噴き上げて、いったい地球に何が起きているのか?という感じです。この後、さらに穴は巨大化し、現在はもっと大きくなっているというのですから恐ろしいです。

シンクホールは人的災害か?

道路の陥没(シンクホール)

シンクホールは自然発生的にできる場合もありますが、やはり人間が行う建設工事などによって地盤を崩してしまい、シンクホールが発生するケースが多いようです。これは人的災害ということですね。

そう考えると、シンクホールは人が住んでいる街に発生しやすいということになります。実際に、世界では住宅街に発生したシンクホールによって死者が多数出ているので、日本も他人事ではありません。

道路の陥没なども小さなシンクホールです。小さくても、車が走っているので大事故に繋がります。

現在では、専用の車を走らせると、道路下の地下空洞を機械で察知できるので、事前に陥没を防ぐ工事ができます。ムダな工事をするよりも、このような対策をもっと進めてほしいものですね。