太陽周辺に超巨大な吸血UFO! 太陽の異変に宇宙人が関与している?

こちらは太陽に接近して出現した超巨大なUFOを捉えた映像です。

長い触手を太陽に伸ばしているような姿が確認できます。ネットでは「吸血UFO」「UFOの給油」とも呼ばれて、大きな話題になりました。

これが本当にUFOであるならば、なぜ太陽周辺にこのような超巨大なUFOが出現しているのでしょうか?

超巨大な吸血UFOを、写真で確認してみると…

問題の映像は2012年3月11日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽観測衛星SDOカメラが捉えたものです。

太陽周辺では近年、UFOらしき巨大な物体が数多く捉えられています。これはその中でも、特に驚愕の映像ではないでしょうか?

UFOの大きさは地球の10倍!

超巨大な吸血UFO? 太陽周辺に現れる!

写真を見ると、丸い真っ黒な物体が確認できます。まず驚きなのが、その大きさです。太陽に比較すると小さく見えますが、なんと地球の10倍もの大きさなのです!

これは太陽系で最大の惑星である木星に相当する大きさです。これがUFOであるならば、地球人の常識を遙かに超越した宇宙船になります。

太陽に触手を伸ばす吸血UFO?

太陽に触手を伸ばす黒い物体

拡大してみると、長い触手のようなものを太陽に伸ばしています。これも驚きですね! まさに吸血UFOのイメージです。

チューブを突っ込んで、太陽からエネルギーを補給しているのでしょうか?

この後、チューブを引っ込めて、太陽から離れていくシーンも捉えられています。その動き方を見ると、自然現象ではなく、明らかに意志を持った動きにしか見えません。

周辺にもUFOが飛んでいる?

吸血UFOの拡大

コントラストを強めた画像で見ると、超巨大UFOは、まるで惑星のような球体をしているのが分かります。

月は人工天体だと指摘している人たちもいますが、この映像を見ると、実際に人工天体のような宇宙船が存在しているのではないか?と思えてきます。

よく見ると、周辺にもUFOらしき物体が飛んでいるようです。母船の周りを飛んでいるのでしょうか?

超巨大UFOの正体は何なのか?

地球の10倍もある木星サイズのUFOがあるなんて、にわかには信じがたいと思いますが、この物体の正体は何なのでしょうか?

NASAや学者の見解は?

NASAでは、これは「通常のコロナ放出であり、温度差によって黒く見えるごくまれな現象」という見解を述べています。

また、学者たちは「地球の数倍の大きさを持つ巨大な磁気嵐」と説明しているようです。

しかし、映像を見ればお分かりのように、太陽は自転しながら動いています。それなのに巨大なチューブは、太陽に接したまま動いていません

これが意味するところは、黒い物体とチューブ状のものは、太陽から発生しているコロナや磁気嵐などではないということです。

太陽と接するようにして黒い巨大物体が存在しており、そこからチューブのようなものが伸びているのです。コロナや磁気風では、黒い球状の巨大物体の説明もつきません。

これは『失われた暗黒天体「ラジャ・サン」の謎』の著者、飛鳥昭雄氏が指摘しています。

チューブは触手(男性器)であるとの見解も?

さらに飛鳥昭雄氏は、驚きの見解を述べています。それは黒い物体から伸びているチューブのようなものは触手(男性器)というものです。

つまり、太陽は雌(♀)で、黒い物体は雄(♂)なのです。

さらに荒唐無稽な話に感じるかもしれませんが、実はこの後、太陽は受精した卵子が細胞分裂をしていくような動きを見せているのです。

飛鳥昭雄氏の見解は、下記の動画をご覧ください。

太陽を監視している超巨大UFOなのか?

飛鳥昭雄氏のように、太陽周辺に現れたこの黒い物体を「暗黒天体(暗黒遊星プラズマ生命体)」と考えることもできますが、太陽周辺にはこれ以外にも、巨大UFOと思われるような物体が数多く捉えられています。

このUFO現象は近年になって活発化しており、「太陽の異変と関係があるのではないか?」とも指摘されているのです。

宇宙人たちは太陽の動きを常に監視していて、異変があったならば即座に介入し、地球の危機を救ってくれているのかもしれません。

こちらも太陽観測衛星SDOカメラが捉えた巨大UFOです。2012年7月22~25日の間だけでも、これだけの数のUFOらしき物体が捉えられていることに驚かされます。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

太陽周辺に超巨大な吸血UFO! 太陽の異変に宇宙人が関与している?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。