ボスニアに世界最古・最大のピラミッド! 地下空間には謎の通路、遺跡、オーパーツの数々も発見される!

こちらは12,000年前(3万年前の新説も!)に建造されたと推測されているボスニアのピラミッドです。2005年に発見されて、大きな話題になりました。

古代エジプトのピラミッドよりも、遙か昔に建造された世界最古のピラミッドということになります。さらに、その大きさも、世界最大なのだそうです。

これは世紀の大発見ですね! しかし、世界的な注目を集めたにも拘わらず、なぜか未だに「ボスニアのピラミッド説」という仮説の扱いになっています。

果たして、世界最古にして最大のピラミッドの真偽は、どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

ボスニアで発見された世界最古のピラミッド

世界最古のピラミッドが発見されたボスニア

ピラミッドと推定されている構造物が発見されたのは、ボスニア・ヘルツェゴビナの中心部にある山々です。山の麓にはヴィソコ(Visoko)と呼ばれる町があります。

ここから20kmほど離れた場所には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で激しい戦闘が行われたサラエボがあります。

自然の山でなく、ピラミッドであると確信!

ボスニアのピラミッドを発見したセミール・オスマナジック氏

ピラミッドの発見者であるセミール・オスマナジック氏(写真)は、数十年もの間、ピラミッドの調査に携わってきたという人物です。

オスマナジック氏は、中国やメキシコ、グアタメラ、エルサルバドルなどでは、土と樹木に覆われたピラミッドが存在していることを知っていました。

そして2005年、ボスニアのヴィソチツァ山を初めて訪れた際に、「これは山ではなく、ピラミッドである!」と確信したのです。

発見された約12,000年前の「太陽のピラミッド」

ボスニアの太陽のピラミッド

中心となるピラミッドは「ヴィソチツァ山」と呼ばれて、長らく自然の山と思われてきました。全体が樹木の生い茂った土で覆われているので、確かに、山のように見えます。

しかし、よく見ると、頂上から綺麗な稜線が伸びています。また、三角形に形成された斜面は、正確に東西南北を向いているのだそうです。

オスマナジック氏は、これを「太陽のピラミッド」と名付けました。ピラミッドを覆っている土は、Agro-pedology国立研究所によると、約12,000年前のものであるとされています。

ということは、太陽のピラミッドはそれ以前に建造されたことになり、「世界最古のピラミッドではないか?」と注目されているのです。

樹木を取り除くと、世界最古で最大のピラミッドの姿が!

ボスニアの太陽のピラミッドのイメージ

こちらは樹木を取り除いた太陽のピラミッドのイメージ画です。

高さが220メートルもあり、世界最大と言われていたエジプトのギザの大ピラミッド(建設当時:146.59メートル)を遙かに超えています。

太陽のピラミッドは、四角形のコンクリート・タイルで覆われています。このタイルは最高133mpsの硬度と、1パーセントの吸水率を持ち、現代のコンクリートより優れているのだそうです。

全部で5基のピラミッドを発見!

ボスニアで発見された5基のピラミッド

発見されたのは、太陽のピラミッドだけではありません。その近くにある2つの山も、人工衛星と航空写真によって、ピラミッドであることが確認されています。

それぞれに「月のピラミッド」と「龍のピラミッド」と名付けられています。

また、オスマナジック氏は、他にも「地球のピラミッド」と「愛のピラミッド」の存在をレポートに記しています。周辺一帯には、少なくとも5基のピラミッドがあるわけです。

これが事実ならば、ボスニアには12,000年以上も昔に、巨大な古代都市が栄えていたことになります。人類史が塗り変わってしまいますね。

ピラミッドとともに発見された不思議な構造物

ボスニアのピラミッドのイメージ画

ボスニアでのピラミッドの発掘調査が進むにつれて、新たな構造物やオーパーツも続々と発見されています!

綺麗に舗装された石のタイルの古代遺跡

ボスニアのピラミッド周辺の石のタイル

道路なのか、建造物の敷地なのか不明ですが、ご覧のように綺麗に舗装された石のタイルの古代遺跡も発掘されています。ピラミッドの周辺には、高度に発達した都市空間があったことを示しています。

各ピラミッドを結ぶ謎の地下通路

ボスニアのピラミッドの地下にある迷路のような通路

ピラミッドの地下には、各ピラミッドを結ぶ迷路のような通路も発見されています。地上だけでなく、地下空間も整備されていたのですね。

地下空間にも遺跡を発見! 世界最大の陶製彫刻

ボスニアのピラミッドの地下で発見された陶製彫刻

地下の空間で発見されたという陶製の彫刻です。陶製とありますが、巨大な岩のように見えます。何の彫像なのか不明ですが、古代遺跡から発見されたものとしては、こちらも世界最大なのだそうです。

不思議な円形の石板、宗教的な意味合いを持つものか?

ボスニアの地下で発見された円形の石板

円形の石版のようなものも発見されています、宗教的な意味合いを持つものなのか、あるいは何か実用的な構造物として使われていたのでしょうか?

球体の謎のオーパーツも発見される!

ボスニアのピラミッド周辺で発見された球体のオーパーツ

これも奇妙ですね。まん丸の球体のオーパーツです。まるで地球儀か惑星の模型のようです。高度な天文学の知識も持っていたのかもしれません。

これだけ高度な構造物を造った文明ですから、宇宙人の関与も考えられますね。

ピラミッド頂上からエネルギー・ビームが確認される!

頂上からエネルギー・ビームを出すボスニアのピラミッド

これは極めつけの謎です。物理学者のチームが、太陽のピラミッドの頂点から出ているエネルギー・ビームを確認したそうです。写真は、そのイメージ画です。

このビームは、半径4.5メートルで、28キロヘルツの周波数だそうです。ビームは継続的に放射されていて、なぜかピラミッドから離れると、その強度が増しているそうです。

ピラミッドの建造者たちが、ビームを放射する永久機械を作り、それが今でも作動しているのではないか?とも指摘されています。そうも考えたくなりますね。

宇宙に向けて、何かの信号を発信し続けているのでしょうか?

また、ピラミッド周辺の地下空間では、2010年に小さな青い沼と3つの部屋が発見されました。この部屋はイオンが通常の43倍もあり、「ヒーリング・ルーム」になっているそうです。

12,000年前の人類に、エネルギー・ビームを発射したり、ヒーリング・ルームを作る技術があったとは思えません。ますます宇宙人の関与説が強まってきますね。

ボスニア・ピラミッドから電磁エネルギーが放射されている!

月刊ムーの編集長が、ピラミッドから放出されているエネルギーについて解説しています。

また、こちらの動画ではピラミッドを覆っているコンクリートに含まれている有機物を分析したところ、なんと3万年前のピラミッドだった!という、驚くべき結果が出たとも語られていますね。

本当ならば、さらに世界最古の記録更新です!

世界最古最大の遺跡に新事実発見!
月刊ムー2016年4月号ボスニア・ピラミッドから電磁エネルギーが放射されている!?

ボスニアのピラミッドへの批判

発掘された様々な写真を紹介しましたが、ボスニアのピラミッドを肯定的に捉えている人たちばかりではありませんでした。

ボスニアのピラミッドに対して、どのような批判がされてきたのか、見ていきたいと思います。

学者たちが、猛然と抗議する!

7人の主要なヨーロッパの考古学者たちが、「EAA宣言(ヨーロッパ考古学者協会宣言)」を発表しています。

そこではボスニアで発見されたピラミッドに対して、以下のような痛烈な批判をしています。

われわれ、ヨーロッパ各地から集いここに署名した専門考古学者たちは、ヴィソコ近辺で行われているいわゆる「ピラミッド」プロジェクトにボスニア当局が支援を続けていることに対し強く抗議したい

この計画は、ものを疑わない大衆に対するひどい悪戯であり、本当の科学界においてあってはならないものである。

それは真の考古学的遺産を守るなどのより良い使いようのある少ない資源の無駄使いであり、ボスニア・ヘルツェゴビナの専門の考古学者たちに日々差し迫っている諸問題から逃れるただの気晴らしに過ぎない。

ピラミッドの発見と調査活動について、「ひどい悪戯」とまで断言していますね。

この発表のコメントだけでは、批判の根拠が分かりませんが、痛烈に批判している気持ちだけは、ひしひしと伝わってきます。

今現在も「ボスニアのピラミッド説」の扱い?

これがせいぜい2,000~3,000年前の小さなピラミッドなら良かったのでしょうが、「世界最古で最大のピラミッド」が発見されたとなると、当然、旧勢力からの大きな反発は起きますね。

学会では、新説は潰されるのが定めです。また、長い将来にわたって、莫大なお金が入る観光資源として見込めますから、利権の問題も絡んできます。エジプトのピラミッドの権威と人気も、ガタ落ちしてしまいかねません。

ピラミッドの真偽は置いて、何としても認めるわけにはいかない事情もあるのだと思います。

その一方で、発見者たちとボスニア当局は、発見された2005年以降から巨額の費用を投じて調査していますから、この大発見を世界に認めさせたいでしょう。

ただ、今現在もWikiでは「ボスニアのピラミッド説」という仮説の扱いになっていますね。

しかし調査が進むにつれて、現在ではピラミッドであることに間違いないことが判明してきたようです。

実際に、ピラミッド周辺からも数々の人工物が発掘されているのですから、これが古代遺跡であることは否定はできません

今後、さらに驚くべき発見が期待できるかもしれませんね!

やはりエジプトのピラミッドが、世界最古だった?

世界最古と言われるジョセル王の階段ピラミッド

▲古代エジプトのジョセル王の階段ピラミッド。高さ62メートル、東西125メートル、南北109メートル。

エジプトのピラミッドは、世界最古と言われるジョセル王の階段ピラミッドでも、紀元前5,000~2,600年の間(今から4,600~7,000年前)に建造されたものと考えられてきました。

しかし、最近では新しい説が唱えられていることをご存知でしょうか?

エジプトのピラミッドは20万年前のもの?

『「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ』によると、スフィンクスの胴体の部分が、異常に崩れていることに着目した科学者がいました。

そこで調査してみた結果、その崩れは「水による浸食の跡」だと判明したのです。

しかし、エジプトのギザ地域は何千年もの間、水の一滴もない砂漠なのです。スフィンクスの胴体を崩すほどの水の浸食があったとは考えられません。

このため、この地域に水があった時代にまで遡り、その水がスフィンクスの胴体を浸食する時間を計算してみました。

その結果、スフィンクスが造られたのは、なんと20万年前!という結果が出たのです。

20万年前と言うと、クロマニョン人を代表とする新人類が、ようやく現れたとされる時代です。ピラミッドやスフィンクスを建造できる高度な文明が存在していたなんて、とても思えない時代ですね。

「常識」とは「思い込み」のこと?

もちろん、20万年前というのも推測なので、どこまで正確に特定できているのかは分かりません。とはいえ、5千年前と20万年前では全く違います。

何故ここまでの大きな隔たりが出てしまうのでしょうか?

実は、古代エジプトで5千年ほど前からピラミッドが造られたという学説は、いくつかの文書をもとにした推定に過ぎないと言うのです。

私たちは、科学的に調査して時代を特定しているのだろうと思い込んでいますが、そもそもの学説自体が、そこまできっちりと測定とされたものではなかったのですね。

学校の教科書で教えられきた知識は、何だったのだろう?」と愕然としますが、私たちが信じている常識の多くは、ただの「思い込み」に過ぎないのかもしれません。

私はすでに信じていませんが、サルから人間になったという進化論も、疑って掛かったほうがよいのではでしょうか?

今の文明も、数ある文明の一つに過ぎない

ボスニアで発見されたピラミッドが1万2,000年前(最新情報では3万年前)に造られたと聞いて、「そんな昔からピラミッドがあったのか!」と驚いた人のほうが多いと思います。

それは、エジプトの最古のピラミッドでさえ、5千年ほど前だと教わってきたからに他なりません。

地球の年齢は46億年と言われています。1万年の違いなんて誤差にもなりません。その中で、私たち人類が築いた文明が数千年しかないなんて、本来ならば、そっちのほうが信じられないくらいです。

地球では、幾つもの大きな文明が生まれては滅び、滅んでは生まれ、文明の流転を繰り返しているのではないでしょうか?

その中の文明の一つに過ぎない今の数千年の文明を、全ての人類史なのだと、私たちが勝手に思い込んでいるだけなのかもしれません。

また、UFOの存在が人々に認識され始めたのは、ようやく1950年代以降からなのですが、宇宙人がここ数十年の間に地球にやって来たとは考えられません。

いくつかの過去の文明では、科学の進んだ宇宙人との交流もあったのではないでしょうか?

そう考えれば、1万年や3万年前にピラミッドが造られていても、何ら不思議はないのだと思います。

こちらも併せてご覧ください!

南極大陸で発見されたピラミッド! 遂に元ロシア軍人が証言! 古代遺跡の謎にせまる
2012年9月、「南極大陸にピラミッドを発見した!」という驚くべき報道がありました。 なぜ氷で覆われた南極大陸に、ピラミッドが存在しているのでしょ...