ボスニアに世界最古・最大のピラミッド! 謎の通路、遺跡、オーパーツも発見される!

世界最古・最大のピラミッドと聞いたら、エジプトを思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、こちらは12,000年前(3万年前の新説も!)に建造されたと推測されているボスニアのピラミッドです。2005年に発見されて、大きな話題になりました。

古代エジプトのピラミッドよりも、遙か昔に建造された世界最古のピラミッドになります。その大きさも、世界最大なのだそうです。さらに、一つではなく、全部で5基のピラミッドが発見されたと伝わっています。

ピラミッド周辺を発掘調査してみたところ、謎の通路や遺跡、オーパーツも発見されています! 写真も掲載していますので、ご確認ください。明らかに人工物です。

これは世紀の大発見ですね! しかし、世界的な注目を集めたにも拘わらず、なぜか未だに「ボスニアのピラミッド説」という仮説の扱いになっています。

果たして、世界最古にして最大のピラミッドの真偽は、どうなっているのでしょうか?

ボスニアで発見された世界最古のピラミッド

世界最古のピラミッドが発見されたボスニア

ピラミッドと推定されている構造物が発見されたのは、ボスニア・ヘルツェゴビナの中心部にある山々です。山の麓にはヴィソコ(Visoko)と呼ばれる町があります。

ここから20kmほど離れた場所には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で激しい戦闘が行われたサラエボがあります。

自然の山でなく、ピラミッドであると確信!

ボスニアのピラミッドを発見したセミール・オスマナジック氏

ピラミッドの発見者であるセミール・オスマナジック氏(写真)は、数十年もの間、ピラミッドの調査に携わってきたという人物です。

オスマナジック氏は、中国やメキシコ、グアタメラ、エルサルバドルなどでは、土と樹木に覆われたピラミッドが存在していることを知っていました。

そして2005年、ボスニアのヴィソチツァ山を初めて訪れた際に、「これは山ではなく、ピラミッドである!」と確信したのです。

発見された約12,000年前の「太陽のピラミッド」

ボスニアの太陽のピラミッド

中心となるピラミッドは「ヴィソチツァ山」と呼ばれて、長らく自然の山と思われてきました。全体が樹木の生い茂った土で覆われているので、確かに、山のように見えます。

しかし、よく見ると、頂上から綺麗な稜線が伸びています。また、三角形に形成された斜面は、正確に東西南北を向いているのだそうです。

オスマナジック氏は、これを「太陽のピラミッド」と名付けました。ピラミッドを覆っている土は、Agro-pedology国立研究所によると、約12,000年前のものであるとされています。

ということは、太陽のピラミッドはそれ以前に建造されたことになり、「世界最古のピラミッドではないか?」と注目されているのです。

樹木を取り除くと、世界最古で最大のピラミッドの姿が!

ボスニアの太陽のピラミッドのイメージ

こちらは樹木を取り除いた太陽のピラミッドのイメージ画です。

高さが220メートルもあり、世界最大と言われていたエジプトのギザの大ピラミッド(建設当時:146.59メートル)を遙かに超えています。

太陽のピラミッドは、四角形のコンクリート・タイルで覆われています。このタイルは最高133mpsの硬度と、1パーセントの吸水率を持ち、現代のコンクリートより優れているのだそうです。

全部で5基のピラミッドを発見!

ボスニアで発見された5基のピラミッド

発見されたのは、太陽のピラミッドだけではありません。その近くにある2つの山も、人工衛星と航空写真によって、ピラミッドであることが確認されています。

それぞれに「月のピラミッド」と「龍のピラミッド」と名付けられています。

また、オスマナジック氏は、他にも「地球のピラミッド」と「愛のピラミッド」の存在をレポートに記しています。周辺一帯には、少なくとも5基のピラミッドがあるわけです。

これが事実ならば、ボスニアには12,000年以上も昔に、巨大な古代都市が栄えていたことになります。人類史が塗り変わってしまいますね。

ピラミッドとともに発見された不思議な構造物

ボスニアのピラミッドのイメージ画

ボスニアでのピラミッドの発掘調査が進むにつれて、新たな構造物やオーパーツも続々と発見されています!

綺麗に舗装された石のタイルの古代遺跡

ボスニアのピラミッド周辺の石のタイル

道路なのか、建造物の敷地なのか不明ですが、ご覧のように綺麗に舗装された石のタイルの古代遺跡も発掘されています。ピラミッドの周辺には、高度に発達した都市空間があったことを示しています。

各ピラミッドを結ぶ謎の地下通路

ボスニアのピラミッドの地下にある迷路のような通路

ピラミッドの地下には、各ピラミッドを結ぶ迷路のような通路も発見されています。地上だけでなく、地下空間も整備されていたのですね。

地下空間にも遺跡を発見! 世界最大の陶製彫刻

ボスニアのピラミッドの地下で発見された陶製彫刻

地下の空間で発見されたという陶製の彫刻です。陶製とありますが、巨大な岩のように見えます。何の彫像なのか不明ですが、古代遺跡から発見されたものとしては、こちらも世界最大なのだそうです。

不思議な円形の石板、宗教的な意味合いを持つものか?

ボスニアの地下で発見された円形の石板

円形の石版のようなものも発見されています、宗教的な意味合いを持つものなのか、あるいは何か実用的な構造物として使われていたのでしょうか?

球体の謎のオーパーツも発見される!

ボスニアのピラミッド周辺で発見された球体のオーパーツ

これも奇妙ですね。まん丸の球体のオーパーツです。まるで地球儀か惑星の模型のようです。高度な天文学の知識も持っていたのかもしれません。

これだけ高度な構造物を造った文明ですから、宇宙人の関与も考えられますね。

ピラミッド頂上からエネルギー・ビームが確認される!

頂上からエネルギー・ビームを出すボスニアのピラミッド

これは極めつけの謎です。物理学者のチームが、太陽のピラミッドの頂点から出ているエネルギー・ビームを確認したそうです。写真は、そのイメージ画です。

このビームは、半径4.5メートルで、28キロヘルツの周波数だそうです。ビームは継続的に放射されていて、なぜかピラミッドから離れると、その強度が増しているそうです。

ピラミッドの建造者たちが、ビームを放射する永久機械を作り、それが今でも作動しているのではないか?とも指摘されています。そうも考えたくなりますね。

宇宙に向けて、何かの信号を発信し続けているのでしょうか?

また、ピラミッド周辺の地下空間では、2010年に小さな青い沼と3つの部屋が発見されました。この部屋はイオンが通常の43倍もあり、「ヒーリング・ルーム」になっているそうです。

12,000年前の人類に、エネルギー・ビームを発射したり、ヒーリング・ルームを作る技術があったとは思えません。ますます宇宙人の関与説が強まってきますね。

ボスニア・ピラミッドから電磁エネルギーが放射されている!

月刊ムーの編集長が、ピラミッドから放出されているエネルギーについて解説しています。

また、こちらの動画ではピラミッドを覆っているコンクリートに含まれている有機物を分析したところ、なんと3万年前のピラミッドだった!という、驚くべき結果が出たとも語られていますね。

本当ならば、さらに世界最古の記録更新です!

次ページでは、ボスニアのピラミッドへの批判と、その真偽について考察してみます。

『ボスニアに世界最古・最大のピラミッド! 謎の通路、遺跡、オーパーツも発見される!』へのコメント

  1. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/05/20(土) 00:37:30 ID:8e49ba825 返信

    この話はYouTubeで見たものと文章が全く同じですから、こちらが元なのか、両方共が「怪奇動画ファイル」さんの投稿なのでしょうね?

    どうも何かとこちらのサイトに辿り着くことが多いのですが、私の方は今はもう余り新刊書もチェックしてませんし、学研ムーの編集長氏と喧嘩してしまって以来はもう「ムー」にも目を通していませんので、普段この系統の情報には結構疎くて、パラカスの長頭骨についてさえ数ヶ月前の「何だコレ!?ミステリー」で見て初めて知ったくらいなのです。

    私は基本的に、自分がたまたま研究してて見つけた事以外は殆ど記事にしてないので、こうした事に首を突っ込んでる割に、その他の情報にはかなり疎いです。

    なので、このVisocicaの丘が3万年以上前の整形ピラミッドという話も漸く今日知ったのです。( 苦笑 )
    グーグルアースの航空写真で早速確認してみますと、ピラミッドの西側は何故かその高さに匹敵するほどにも大量の土砂が覆ってしまってるようで北面と東面ほど明確な形状になってませんね。これを全部掘り出すのは相当大変でしょうね。

    樹木に覆われ遺跡が埋もれ易いボスニアやブルガリアやルーマニアなどの国々が、そうした超古代遺跡によって、乾燥地故に遺跡の見付かり易かったエジプトやローマやギリシャや中東の国々の鼻を明かして慌てさせるのは、少々小気味良いですねえ。

    私自身もセミル・オスマノジッチ氏や貴殿と同じく、進化論も、古生物学者や人類学者や考古学者の信じ込んでる「不毛な通説」も、全く信じてません。
    進化論も通説も抜け落ちだらけ・矛盾だらけだからです。
    私自身は、この地上世界はETの生物実験場で我々はその実験栽培生物なのだろうと考えています。
    先日紹介した一つ前の記事「ミトコンドリア・イブ説と初期人類種世界拡散説への疑問」https://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-12251589529.htmlでも、そのことを書いてますが、まさに疑問だらけなワケで、そうした事を全部無視して既存の学説を意地で守ろうなんてしてる、旧態然とした学者達の不純で恥知らずな神経がまるで判りません。

    考古学者たちの沽券や面子を保つ為の「妨害」や「無視」や「否定」の酷さは相変わらずで、あのジャン・ピエール・ウーダン氏の傑出した仮説についてさえ、ザヒ・ハワースは嘲笑し、吉村作治氏は全くの知らん振りですよね?
    その自己中心的で後ろ向きな権威主義者たちが、自分たちの縄張りや自説に抵触しそうな何か新しい発見を素直に認めるなどということは、先ず無いのかも知れませんが、吉村教授はかつてヨナクニ島の沖の海底遺跡にある矢穴を見て、間違いなくそれが人工的な遺跡である、とテレビで断言した事もあったので、少しは新しい説に寛容かと思いまして、昨年、私の「大ピラミッドを建造するいちばん簡単な方法」のページを公開と同時に紹介して意見を求めてみたのですが、全くの無視で終わってしまいました。
    ただ最近になってこのページは、私のサイトの「一番人気」ページになっても来てるので、読みに来る人の数はどんどん増えてるようです。

    何れにしろ私がピラミッドに関心を持つようになったのは、ジャン・ピエール・ウーダン氏の「ピラミッド内部斜路」説を知ってからの話なので、本来的にはピラミッド学者の全員に「ピラミッドの巨石は、人間の体重を”脚の付いた錘”として活用することで、簡単に運び上げることが可能だった」と認めて貰いたいのですが、果たして何時になったら彼らがそれを認めるのかは全く分かりません。

    ところで、ペルー・キアカ村の東方10キロから北東18キロ辺りの、3000メートル程の山々の雪の無い急斜面に点在する、ETの拠点と思われる100メートル規模の構造物を大量に発見しましたのでお知らせしておきます。詳しくは以下です。
    http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_016.htm#003b

    • 名前:管理人 投稿日:2017/05/21(日) 07:42:07 ID:e0f0bb6e2 返信

      私も動画は作成していますが、このボスニアのピラミッドの動画は作っていないので、誰かが勝手にパクッてYouTubeに掲載しているんでしょうね。許可なく人の記事を丸ごと転載し、動画にしてしまう人たちがいます。

      記事を参照させて頂きました。ペルーには、かつてアトランティス文明から流れてきた末裔がいると思われるので、探せば何かしら出て来るでしょうね。ETとの交流もあったものと思われます。
      大掛かりな調査をすれば、現在の文明の起源となる発見ができると思いますが、それを止めているのは、既存勢力の学者たちなのかもしれませんね。