火星探査車を修理する人影が撮影される! 火星移住のプロジェクト・ペガサスは、本当に実施されていた?

こちらは火星探査車キュリオシティが撮影した「人間の影」と思われる写真です。

撮影場所は火星ですから、もちろん人間がいるはずはありません。ところがこの写真を見ると、明らかに人間としか思えないような影が写されています!

今までにも、火星に生き物が写っているような写真が何度も撮影されて、その度に話題になっていますが、火星に生身の人間がいた!となると、それどころの話ではありませんね。

それとも火星探査車の影が、偶然、人間の影のように見えているだけなのでしょうか?

実は、米政府はすでに1970年代に、火星に人間を送り込んでいたという「プロジェクト・ペガサス(Project Pegasus)」の話が、以前より噂されています。

これは、それを証明する写真ではないか?とも考えられるのです。

スポンサーリンク

火星探査車キュリオシティが、修理する人間の人影を撮影した?

火星探査車キュリオシティ

人間の影のような画像は2012年9月26日、火星探査車キュリオシティ(上記写真)が撮影したものです。

キュリオシティには大小17台のカメラが搭載されており、問題の写真は、車輪の前後に搭載された「Hazcam」のカメラで撮影されています。

Hazcamは走行中の事故を未然に防ぐため、車輪まわりの地面を写すことが目的のカメラなので、このような車体の影が写されているわけです。

火星探査車を修理する、人間の影が映っている!

火星探査車キュリオシティが撮影した人影
NASA提供の元画像

人間が腕を伸ばして、火星探査車の修理作業をしているかのように見えます。上の写真と、下のキュリオシティの車体構造のイラストを見比べてみてください。

火星探査車キュリオシティの構造イラスト

Hazcamが撮影した画像の右側に飛び出している影は、車体イラストの「Deployed RSM」と思われます。しかし、その周囲に、人影に相当するようなパーツがあるでしょうか?

それらしきパーツは見当たりませんよね?

人影のように見えるだけ」だと考えたとしても、その人影を作っているパーツに当たるものが存在していないのです。

ここは火星の地表ですから、他の「何か」が偶然に通って撮影されたということも考えられません。この人影の写真を見て、NASAはどのように説明するのでしょうか?

ノーヘルの人間の頭髪が写っている?

火星探査車キュリオシティが撮影した人影の拡大写真

こちらは人影と思われる箇所を拡大して、コントラストを強めた写真です。

背中に酸素ボンベのようなものを背負っているように見えますが、驚くことにノーヘルの状態です。寝癖が付いたような頭部の毛髪の影が確認できます。

キュリオシティの車体の構造を確認してみても、頭髪のように見えるフサフサした感じのパーツは見当たりません。

火星表面の平均気温はマイナス50度程度と言われ、酸素もほとんどないはずなのですが、もしも生身の人間がノーヘルで火星探査車の修理作業をしているとしたら、これは一体、何を意味しているのでしょうか?

その後、またもや火星で作業員の姿が写された!

キュリオシティが火星地表で撮影した人影2

キュリオシティが火星地表で撮影した人影3
NASA提供の元画像

こちらは2016年5月28日、同じくキュリオシティが火星地表で撮影した画像です。

やはり人影のようなものが写されています。連続して撮影されているので、人影が動いている様子を確認できます。今度はノーヘルではなく、ちゃんとヘルメットを被っていますね。

こちらの画像はちょっと微妙な感じで、「何かのパーツかな?」とも思えるのですが、ヘルメットを被って宇宙服を着たら、このようなシルエットになるかもしれません。

実際に影が動いているので、やはり人影なのでしょうか?

そうであるならば、なぜ火星に人間がいるのか?全くの謎です。しかし、それを解明するカギが、米政府が秘密裏に進めていたと言われる「プロジェクト・ペガサス」にあるのです。

すでに火星には人間が住んでいる! プロジェクト・ペガサスの驚くべき証言

アメリカ政府の超極秘計画「ペガサス・プロジェクト」をご存知でしょうか?

これはテレポーテーション技術を使って人間が火星に移動し、火星の探査活動および移住を進めるという計画です。

火星移住の計画はよいとしても、火星への移動方法がテレポーテーションですから、話だけを聞いたらB級映画のアイデアの類いとしか思えないような計画ですね。

しかし、火星の画像に人間が写っていたと証言する元NASA職員や、実際にプロジェクト・ペガサスに参加していたことを証言している人たちがいるのです。

「35年前、私は火星で人間を見ました!」 NASAの元女性職員が暴露

火星に人間の姿を見たという、衝撃的な暴露証言をしたのは「ジャッキー」と名乗るNASAの元女性職員です。

1979年の当時、彼女はNASAの火星探査機バイキングから送られてくるデータを管理していました。その火星の画像に、なんと2人の人間の姿を目撃したというのです。

その姿は、当時のNASAの宇宙服とは異なり、化学防護服のようなものを着用していたそうです。

しかし、バイキングからの中継が途中で途切れてしまい、そのトラブルを上司に報告しに行くと、先ほどまでいた部屋にはカギが掛かっており、中に入ることが出来なくなっていました。

このため、その後、画像に写っていた人間がどうなったのか、確認することができなかったそうです。

しかし、彼女の証言によると、居合わせた6人のNASA職員も人間の姿を目撃したということですから、単なる見間違えで片付けるわけにもいきませんね。

部屋にはカギが掛かっていた」という証言も気になります。やはり、彼女は見てはいけないものを見てしまったのでしょうか?

タイムトラベルと火星へのテレポート経験を持つアンドリュー・バシアゴ氏

実は、NASAの元女性職員の証言を裏付ける話として、火星にテレポートしたと公言している男性がいます。

その男性は、著名な環境生態学者であり、弁護士の肩書きも持つアンドリュー・バシアゴ氏です。社会的な信頼の高い人物であることからも、バシアゴ氏の証言は注目されます。

バシアゴ氏によると、6歳の時に父親に連れられて極秘の実験施設に行き、時空トラベルの装置の入口をくぐらされて、初めてテレポーテーションを体験したのだそうです。

そして7~12歳の時にプロジェクト・ペガサスに参加しており、彼の他にも子供が140人、大人が60人、計200人が計画に参加していたと語っています。

プロジェクト・ペガサスとは、DARPA(国防高等研究計画局)とCIAが極秘に進めていたタイムトラベルとテレポーテーションの実験プロジェクトであり、バシアゴ氏は父親の仕事の関係でメンバーに選ばれたようです。

「なぜ年端のいかない子供が?」と思いますが、まだ精神的に白紙の状態にある子供のほうが実験に適しており、将来の優秀なタイムトラベラーを育てる目的もあったようです。

バシアゴ氏は、プロジェクト・ペガサスの任務の一つとして、タイムトラベルをし、リンカーン大統領の有名なゲティスバーグ演説(1863年11月19日に行われた奴隷解放宣言の演説)の会場にも居合わせたそうです。

これは1972年のアメリカから、時空トラベル装置で1863年のペンシルベニア州ゲティスバーグに送り込まれた実験でした。

実際に、当時のリンカーン大統領の演説を撮影した写真には、その時代には不似合いな格好をした少年が写り込んでいます。赤丸で囲った少年が、11歳の時のバシアゴ氏本人とのことです。

バシアゴ氏自身は2003年に偶然、雑誌からこの写真を発見したのですが、リンカーンを待ち構えていた自分が、まさか誰かに写真を撮られたとは思ってもいなかったので、ひどく驚いたそうです。

リンカーン大統領の有名なゲティスバーグ演説の会場にタイムトラベルをしたアンドリュー・バシアゴ氏

オバマ大統領も少年時代に、火星に2度もテレポーテーションしていた!

そしてバシアゴ氏は、大学生のときに火星へのテレポーテーション体験をしています。

そこには、宇宙人のグレイと地球人が共同で建設した極秘基地があり、バシアゴ氏と同じようにテレポートしてきた多くの地球人が働いていたと語っています。

バシアゴ氏によると、アメリカはすでに1960~70年代にタイムトラベルの実験に成功しており、月や火星に瞬間移動できるテレポーテーション技術も持っているのだそうです。

そして驚くことに、バラク・オバマ大統領も若い頃、プロジェクト・ペガサスの実験要員に選抜され、火星に建設された秘密基地に2度もテレポーテーションしているという話まで暴露しています。

プロジェクト・ペガサスに参加していたオバマ大統領

ヒラリー・クリントン氏は、大統領になったらUFO情報を開示すると公約していましたが、それよりも先に、オバマ大統領の火星へのテレポーテーション体験を公表してほしかった!ですね。

そうすれば、もっと票が入ってヒラリー氏が大統領になれたかもしれません。

但し、バシアゴ氏によると、実験メンバーは当時の記憶を脳から消される処理をされたようなので、オバマ大統領自身は何も覚えていない可能性があります。しかし、事実は誰かが知っています。

新しく大統領に選任されたトランプ氏は、既成の政界とのしがらみがない人物なので、この際、アメリカ政府が隠蔽している情報をすべて暴露してほしいものです。

アイゼンハワー大統領の孫娘も、プロジェクト・ペガサスの存在を証言!

プロジェクト・ペガサスについては、第34代アメリカ大統領、アイゼンハワー氏の孫娘であるローラ・マグダリーン・アイゼンハワー氏も証言しています。

こちらもアンドリュー・バシアゴ氏と同様、社会的な地位の高い人物が、プロジェクト・ペガサスの存在を公言している点が注目されます。

アイゼンハワー氏によると、CIA施設内にある通称ジャンプルームの極秘施設からテレポーテーションをすると、火星までたったの20分で行けるとのことです。

ちなみに現在の飛行技術では、火星到着までに最短でも7ヶ月が掛かっています。しかし、テレポーテーションを使えば、あっという間に火星に行けてしまうわけです。

アイゼンハワー氏は、火星への移住はすでに1970年代から始まっていると言います。

前述したNASAの元女性職員は、「35年前、火星に人間の姿を見た」と、普通に考えれば眉唾ものの証言をしていますが、アイゼンハワー氏の証言が本当ならば、途端に信憑性を帯びた話になってきますね。

アンドリュー・バシアゴ氏も、アメリカは1960~70年代にタイムトラベルとテレポーテーション技術の実験に成功していると述べていますから、アイゼンハワー氏の話とも合致しています。

火星で17年間過ごしたと主張するキャプテン・ケイ

さらに最近になって、火星で17年間を過ごしたという米国の元海兵隊員、キャプテン・ケイと名乗る人物も話題になりました。

ケイ氏自身は17歳の時にアメリカ海兵隊に入隊し、その後、「地球防衛軍」という多国間組織での職務に当たることになったそうです。

ケイ氏に与えられた大きな任務は、なんと、火星の生命体から5つの地球人民間コロニーを防衛することでした。

ケイ氏によると、火星にはレプティリアン(爬虫類型エイリアン)と、昆虫型エイリアンの2種類が生存しているそうです。

普段は地球人も含めて、お互いに侵略行為をすることなく暮らしていました。しかしある時、地球人側が、エイリアンたちが聖地として崇めていた洞窟から、彼らが崇拝している遺物を奪取しようとしたため、エイリアンとの戦いが勃発してしまったのです。

この戦闘により、1,000人もの地球人の軍人が死亡し、生き残ったのはケイ氏を含めわずか28名だったそうです。これは、そのまま映画の脚本になりそうな話ですね。

ケイ氏は現在、自身の経験を裏付ける証拠となる文章類を探し求めているそうですが、プロジェクト・ペガサスの計画が存在していたとなると、荒唐無稽な話とは言えなくなってきます。

火星移住計画は、すでに進められていた!

このような証言の数々を聞くと、過去のアポロ計画や、火星を始めとするNASAの惑星探査活動は、ただの茶番だったのか?という疑念がわいてきます。

バシアゴ氏を始めとする告発者たちによると、それらは世界を騙すための「見せかけの計画」に過ぎないのだそうです。

現場で働いている人たちは、真面目に任務を遂行しているのでしょうが、ごく一部の限られた権力者たちだけがプロジェクト・ペガサスの真実を知っており、それを今日に至るまで隠蔽し続けているのでしょうか?

2020~30年代には、NASAを始めとする各国の政府組織や、民間企業までもが先を争うようにして火星への移住計画を実現させると発表しています。

考えてみれば、つい最近まで、現在の火星に水が存在しているかどうかの議論がされていたのに、いきなり火星に移住するというのも唐突な話ではないでしょうか?

やはり火星には、1970年代からプロジェクト・ペガサスの先兵隊が送り込まれており、人類の火星移住の実現性を長らく探っていたのかもしれません。火星に先住しているエイリアンたちとの調整も必要だったのだと思います。

そして、ようやく火星へのGOサインが出されたのだとすると、ちょっと唐突な印象がある現在の火星移住ブームも理解できますね。

私たちが知らないだけで、人類の火星移住計画は、すでに進められていたのです!

火星の砂漠に水たっぷりのオアシスがあった! 岸辺には生い茂る樹木も? 火星探査機が捉えた驚愕画像!
最近のNASAの発表では、火星に水の存在が指摘されていますが、水をたっぷりと湛えたオアシスが存在しているとなると、かなり話が違ってきます。 火星探...

『火星探査車を修理する人影が撮影される! 火星移住のプロジェクト・ペガサスは、本当に実施されていた?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/11/26(土) 03:22:26 ID:731c5e07b 返信

    いや、なんか…こう…もっと模型を使って検証して光の加減でたまたまそう見えただけの可能性を削ぎ落とすとか、そういう初歩的な事をちゃんとやってから主張できないのかな…と思ってしまう。キュリオシティの実機の写真とCGイラストを見比べただけで、イラストの方にはケーブル類(頭髪に見えるのはこれでしょう?)とか実機に無い部品があることくらいすぐにわかるでしょう?なのにイラストの方を持ち出して、ある筈の無い影とか…主張や証拠がお粗末すぎて情けなくなります。UFO・宇宙人肯定派の自分から見ても説得力に乏しいと言わざるを得ません。

    ペガサスプロジェクトの話にしたって、アイゼンハワーの曾孫の話は聞くべき所があるので頭ごなしに全否定は出来ないですが、韮沢さんや竹本さんがTVで話す段階になるといっつも不正確でいい加減な情報ばっかで、そのせいで重要な証言まで妄言扱いされてしまいますよね。まるで肯定派が自分で自分の首を絞めているかのようです。
    実はこの手の話は最初からネタとして扱われるべきもので、肯定派の人も分かっててネタに乗って世間に笑いを提供しているだけなのかな。。。

    なんか真面目に可能性を考えている自分の方が痛い人に思えてきてしまいました。。。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/11/26(土) 08:21:39 ID:acb87a754 返信

      模型を使って検証しなければいけませんか? もし、それをしたとしたとしても、今度は光の当て方の加減が間違っているとか言いませんか?
      残念ながら、この一枚の画像だけで、たとえ模型を使ったとしても、これが絶対に人間の人影であることを証明することはできないでしょう。逆に言えば、これが絶対に人影ではないという証明も、誰にもできないと思うわけです。