真っ青な顔のクマが撮影された! 突然変異か、新種の熊か?

2015年9月9日、カナダのブリティッシュコロンビア州シルバーミア湖周辺で撮影された真っ青な顔のクマの映像です。

撮影者は、車で仕事場から自宅に向かう途中、車窓からいつもと変わらない家路を眺めていると、異様なものが目に飛び込んできたということです。

真っ青なクマの顔を、確認してみると

餌を探す熊の親子

親子のクマでしょうか。小熊と一緒に餌を探しているようです。カナダでは、いつもと変わらない家路に、普通にクマが出るようです。

クマの顔が真っ青!

真っ青な顔を持つクマ

しかし、普通のクマではありませんでした。顔だけが鮮やかな青色をしています。こんなクマは見たことがありません!

突然変異? それとも新種のクマ?

人間のイタズラでしょうか? しかし、野生のクマだと思われるので、そんな危険な行為をする人間がいるとは思えません。
この真っ青な顔のクマを見て、道行く人たちも足を止めて見ていたそうですが、誰もこの不思議なクマの謎は分からなかったそうです。

メラニンの欠乏が原因?

考えられるのは、メラニンの欠乏によって、体毛や皮膚が白くなるアルビノの症状です。しかし、青くなる症状というのは聞いたことがありませんね。

民家に忍び込んで、何かしらの薬品か、青いペンキを被ってしまったのでしょうか? ただ、こんなに綺麗に、顔全体が青色になるのか疑問です。

あるいは、突然変異でしょうか? それとも新種のクマでしょうか?

オカルト的には、ブルードックやエイリアン・ビッグ・キャットなどのように、クマに酷似したUMA(未確認生物)であってほしい気はします。

撮影者も、このクマの謎を解くために、映像を公開したとのことです。誰かによって、真っ青なクマの謎が解かれることを期待したいと思います。
(参考記事:http://tocana.jp/2015/09/post_7309_entry.html

真っ青な顔のクマが現れたシルバーミア湖周辺

広大な森林地帯を持つカナダは、ビッグフット(サスカッチ)を始め、まだまだ未確認生物が現れてもおかしくない国ではあります。

沐浴するビッグフット

▲こちらの映像も、あわせてご覧ください。
ビッグフットの最新UMA映像! 沐浴している姿を激写!!

『真っ青な顔のクマが撮影された! 突然変異か、新種の熊か?』へのコメント

  1. 名前:思考ハッカー 投稿日:2016/11/27(日) 14:52:48 ID:25e5e7155 返信

    ジャングル大帝に出て来た青いラインも有り得るのか

  2. 名前:思考ハッカー 投稿日:2016/11/27(日) 14:56:03 ID:25e5e7155 返信

    いかん脱字だ青いライオンだね