日本最古のUMA・ツチノコの正体は、オオアオジタトカゲじゃない! ツチノコは遙か昔から目撃されている!

日本の未確認動物といえば、昔からツチノコ(つちのこ)が有名です。

最近になって、その正体が判明した!という話ですが、本当でしょうか?

スポンサーリンク

ツチノコの正体は、オオアオジタトカゲ?

オオアオジタトケカゲ

結論を先に言うと、この動画では、ツチノコの正体の最有力候補は、「オオアオジタトカゲ」だということです。確かに外見は似ています。

オオアオジタトカゲは、日本では1970年代に輸入されています。これはツチノコがブームとなり、目撃例が急増した時期にも一致しています。

安価で飼育しやすいので人気になりましたが、その後に飼育放棄されたり、逃げ出したりしたオオアオジタトカゲが日本の各地で繁殖し、ツチノコに見間違えられたケースはありそうですね。

しかし、だからといって「ツチノコの正体は、オオアオジタトカゲだった!」と断定するのならば、それは事実の一面しか見ていないと思います。

ツチノコは遙か昔から目撃されている!

ツチノコのイメージイラスト

そもそもツチノコの目撃は、オオアオジタトカゲが輸入された1970年代から始まったわけではありません。

ツチノコの伝承は意外に古くて、以下のように、「えっ!」と驚くような遙か昔から、その存在が伝えられています。

縄文時代の土器と石器に、ツチノコが描かれていた?

縄文時代の土器に装飾されているツチノコ

ツチノコの姿は、なんと、古くは縄文土器の壺の縁に描かれています。

長野県茅野市の尖石考古館に展示されている縄文土器には、壷の縁飾りに、「平たい頭で、目は丸くて大きく、足がないトカゲに似た体つき」のツチノコらしき姿(上の写真参照)が描かれているのです。

また、岐阜県高山市の飛騨民族考古館にも、ツチノコをかたどったような縄文石器があります。

これは飛騨縄文遺跡からから出土した6000年前の石器で、「幻のつちの型石器」として紹介されています。

そんな昔からツチノコはいたのか!」と驚きますが、考えてみれば生物として存在しているのならば、縄文時代に目撃されていても何ら不思議ではありませんね。

古事記や日本書紀にも、ツチノコが登場している?

文献に残されているツチノコの記録も古くて、すでに奈良時代の『古事記(712年)』や『日本書紀(720年)』には、カヤノヒメ神の別名として「ノヅチ」の記述があります。

これが文献に最初に登場したツチノコではないかと考えられています。

ちなみにツチノコは漢字で書くと、「槌之子」になります。ツチノコの呼び名は、全国に様々に伝わっており、野槌(ノヅチ)とも呼ばれているのです。

少し時代を下って、鎌倉時代の仏教説話集『沙石集(しゃせきしゅう)』には、「徳のない僧侶が目鼻や手足のない野槌として生まれ変わった」という記述があります。

さらに江戸時代に出版された百科事典『和漢三才図会』にも、「野槌蛇」の名称でツチノコの解説があります。

それによると、野槌蛇は和州(現・奈良県)吉野山中の菜摘川(夏実川)や清明滝(蜻螟滝)で目撃されていたようです。

「野槌」の名前の由来は、(つち:柄の先に円筒状の鉄や木が付いている物を叩く道具)に似ていることから名付けられたとも記されています

野槌蛇は、深山の木の穴に住み、大きいものでは体長3尺(約90センチメートル)、直径5寸(約15センチメートル)あり、人を見ると坂を転がり下って人の足に噛みつくそうです。

しかし坂を登るのは遅いので、出くわしたときには高いところへ逃げると良いという、逃げ方の解説まで書かれています。

古書に登場しているツチノコ(野槌)の絵

寺島良安の『和漢三才図会』

『和漢三才図会(1712年)』に描かれた野槌の絵

大坂の医師、寺島良安が編纂した『和漢三才図会(1712年)』に描かれた野槌(ノヅチ)の絵です。この絵ではヘビにしか見えませんが、野槌として紹介されています。

鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』

鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』に掲載されている野槌(のづち)

鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』(1779年/安永8年刊行)に掲載されている「野槌」の挿絵です。現在、イメージされているツチノコとは、ちょっと違います。

井出道貞の『信濃奇勝録』

井出道貞の『信濃奇勝録』(1834年 天保5年)で、野槌の項で使用されたツチノコの挿絵

井出道貞の『信濃奇勝録』(1834年/天保5年)で、野槌の項で使用されたツチノコの挿絵です。こちらは現在のツチノコのイメージに近いですね。

『信濃奇勝録』は、井出道貞が、信濃国(現在の長野県)の各地を十数年にわたって実地踏査を重ね、見分した成果を記録したそうです。ツチノコの目撃談を聞いて、描いた絵になります。

畔田翠山の『野山草木通志』

畔田翠山の『野山草木通志』に描いた野槌の絵

江戸末期の博物学者、畔田翠山(くろだすいざん/1792~1859年)が、『野山草木通志』に描いた野槌の絵です。畔田翠山は諸国を巡って、植物・魚介を採集して、『草木志』『水族志』『古名録』などの図録にしています。

大きさが記されているので、本当にツチノコを捕獲して描いたのでしょうか?

ツチノコの正体は、未だ解明されていない

このようにツチノコの存在は、日本最古の歴史書である古事記から確認されており、それ以降の時代を経ても、綿々と語り継がれている存在だということが分かります。

現在のUMAとしてのツチノコと、古書に描かれている野槌が同一であるかどうか、その議論の余地はあると思います。しかし、すでに江戸時代には、明らかにツチノコと思われる絵が描かれています。

1970年代に輸入されたオオアオジタトカゲが、ツチノコに見間違えられたケースはあったとしても、それよりも遙か昔から目撃されているツチノコの説明はつきません

少なくとも、オオアオジタトカゲの姿が、ツチノコに似ているという理由だけで「ツチノコの正体判明!」と簡単に決めつけるのは、ちょっと早計ではないでしょうか?

ツチノコの正体は、未だに解明されていないのです。

ツチノコはなぜ捕獲されないのか?

ツチノコの目撃例は、北海道と奄美、沖縄を除く日本全国にあり、昔から目撃情報も多いのですが、残念ながら未だにツチノコは捕獲されていません。

だから未確認生物なのですが、実は、ツチノコは日常的に見られているという話もあるのです。

ツチノコって、ホントはそこら中にいる?

オカルト分野の第一人者、並木伸一郎氏の『眠れないほど面白い都市伝説 (王様文庫)』には、ツチノコについて興味深い内容が書かれています。

並木氏が山形県の不思議スポットを取材中、同行していた霊能者で知友のSさん(柴俊子さんと思われる)と、ツチノコの話題になったそうです。

以下、Sさんと並木氏の会話を引用します。

Sさんツチノコって、ホントはそこらにいるのよね。昔よく見たもの。ワラジみたいに平べったくて、素早いのよ。足があって、チョロッとしたしっぽもあってね。

並木氏えっ、足があるんですか

Sさん:そうよ、ちっちゃいのがね

よくペットとして輸入もされているアオジタトカゲが、ツチノコによく似ているといわれる。足もある。だが、姿形・模様が、それとはまったく異なる種だ、とSさんは主張した。

Sさん今でもきっといると思うなー。場所もまだ残っているし、今度探しにいく?

並木氏:ぜひ!

けっきょく忙しくて、並木氏はSさんとの約束を果たせなかったようです。
詳しい場所は書かれていませんが、まだそこに行けば、ツチノコが見られるのではないでしょうか?

ツチノコのミイラが発見された!

生きたツチノコはまだ捕獲されていませんが、2014年10月中旬、ツチノコのミイラらしき骨が発見された!というニュースが飛び込んできました。

滋賀県で発見されたツチノコのミイラ

ツチノコのミイラが、聖地である滋賀県で発見される!!
滋賀県近江八幡市で2014年10月中旬、ツチノコのミイラらしき骨が発見されました。ツチノコ(つちのこ)は、古来より日本に生息すると伝えられるUMA(未確...

骨格を見る限り、本物のツチノコではないかと期待させるものがありますね。

ツチノコが未だに捕獲されていないのは、人目の付かない山中に生息していて、臆病な性格だからなのかもしれません。現代の環境の変化で、個体数も少なくなっているのだと思います。

山を歩いていて、いきなりツチノコが出現しても捕獲できる道具もないですし、手掴みするわけにもいかず、なかなか捕まえられるものではないと思います。

ただ、今はスマホが普及しているので、写真や動画が撮影される可能性は、以前よりも高くなっているのではないでしょうか?

日本で最も有名で、最古のUMAとも言えるツチノコの続報に、今後も期待したいと思います。

『日本最古のUMA・ツチノコの正体は、オオアオジタトカゲじゃない! ツチノコは遙か昔から目撃されている!』へのコメント

  1. […] にされた!? こちらの記事も併せてお読みください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/192 […]