ツチノコの正体はオオアオジタトカゲじゃない。縄文時代から目撃されている!

ツチノコはなぜ捕獲されないのか?

ツチノコの人形

ツチノコの目撃例は、北海道と奄美、沖縄を除く日本全国にあり、昔から目撃情報も多いのですが、残念ながら未だにツチノコは捕獲されていません。

だから未確認生物なのですが、実は、ツチノコは日常的に見られているという話もあるのです。

ツチノコって、ホントはそこら中にいる?

オカルト分野の第一人者、並木伸一郎氏の『眠れないほど面白い都市伝説 (王様文庫)』には、ツチノコについて興味深い内容が書かれています。

並木氏が山形県の不思議スポットを取材中、同行していた霊能者で知友のSさん(柴俊子さんと思われる)と、ツチノコの話題になったそうです。

以下、Sさんと並木氏の会話を引用します。

Sさんツチノコって、ホントはそこらにいるのよね。昔よく見たもの。ワラジみたいに平べったくて、素早いのよ。足があって、チョロッとしたしっぽもあってね。

並木氏えっ、足があるんですか

Sさん:そうよ、ちっちゃいのがね

よくペットとして輸入もされているアオジタトカゲが、ツチノコによく似ているといわれる。足もある。だが、姿形・模様が、それとはまったく異なる種だ、とSさんは主張した。

Sさん今でもきっといると思うなー。場所もまだ残っているし、今度探しにいく?

並木氏:ぜひ!

けっきょく忙しくて、並木氏はSさんとの約束を果たせなかったようです。
詳しい場所は書かれていませんが、まだそこに行けば、ツチノコが見られるのではないでしょうか?

ツチノコのミイラが発見された!

生きたツチノコはまだ捕獲されていませんが、2014年10月中旬、ツチノコのミイラらしき骨が発見された!というニュースが飛び込んできました。

滋賀県で発見されたツチノコのミイラ

ツチノコのミイラ、滋賀県で発見される! 糸川市では捕獲に賞金1億円!
滋賀県近江八幡市で2014年10月中旬、ツチノコのミイラらしき骨が発見されました。ツチノコ(つちのこ)は、古来より日本に生息すると伝えられるUMA(未確...

骨格を見る限り、本物のツチノコではないかと期待させるものがありますね。

ツチノコが未だに捕獲されていないのは、人目の付かない山中に生息していて、臆病な性格だからなのかもしれません。現代の環境の変化で、個体数も少なくなっているのだと思います。

山を歩いていて、いきなりツチノコが出現しても捕獲できる道具もないですし、手掴みするわけにもいかず、なかなか捕まえられるものではないと思います。

ただ、今はスマホが普及しているので、写真や動画が撮影される可能性は、以前よりも高くなっているのではないでしょうか?

日本で最も有名で、最古のUMAとも言えるツチノコの続報に、今後も期待したいと思います。

『ツチノコの正体はオオアオジタトカゲじゃない。縄文時代から目撃されている!』へのコメント

  1. […] にされた!? こちらの記事も併せてお読みください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/192 […]