米国がUFO情報を公開しない「本当の理由」を語る! 元カナダ国防大臣ポール・ヘリヤー氏

元カナダ国防大臣ポール・ヘリヤー氏のインタビュー動画です(前半は元宇宙飛行士の故エドガー・ミッチェル氏、後半にポール・ヘリヤー氏のインタビュー)。

ポール・ヘリヤー氏は、G8諸国の閣僚経験者の中で、初めてUFOの実在を証言した人物として知られています。

インタビューは、ヘリヤー氏のトロントの自宅で行われました。「なぜ米国は、UFO情報を隠し続けるのか?」について、赤裸々に語っていますので、記事をご覧ください!

スポンサーリンク

UFO発言をするようになったきっかけを語るポール・ヘリヤー氏

UFO発言をするようになったきっかけを語るポール・ヘリヤー氏

ヘリヤー氏はカナダの国防大臣であった時、UFOに関する目撃報告を受け取っていました。目撃報告の80%は、自然現象や見間違えであったようです。しかし、その他の15~20%は、UFOであったとのことです。

ところが、当時のヘリヤー氏は国防大臣として忙しくて、これらの報告は印象に残らなかったそうです。

ヘリヤー氏がUFOに関心を持つようになったのは、12年ほど前になります。カナダのオタワに住む青年がUFOに関する様々な資料を送ってきて、その中には「ザ・デイ・アフター・ロズウェル」という本も一緒に添えられていました。

本を読み終えて、ヘリヤー氏は「これは一大事じゃないか。アメリカで何が起きているのだ?」と思ったそうです。

この本の中で言及されていたアメリカ空軍の将官たちは、ヘリヤー氏が国防大臣時代からの知り合いでした。そこで本に書かれている真偽を、その将官に直接会って聞いてみることにしました。すると、本に書かれていることは「すべて真実だ」と、その将官は語ったのです。

さらに、その将官は、アメリカの高官と宇宙人との会合が行われていたという、衝撃の事実を語りました。

ヘリヤー氏は、UFOと宇宙人の存在を確信し、それ以降、「UFOは頭上を飛んでいる飛行機と同じくらいリアルだ」と公言することを決めたのです。

この内容は、国家の最高機密情報を知る立場にいた元カナダの国防大臣と、実在するアメリカ空軍の将官の間で語られた話です。これが全くの捏造であるとは考えにくいのではないでしょうか?

↓ヘリヤー氏がUFO発言をするきっかけとなった「ザ・デイ・アフター・ロズウェル」です。著者のフィリップ・コーソン氏は、アメリカの元情報将校です。


The Day After Roswell: A Former Pentagon Official Reveals the U.S. Government’s Shocking UFO Cover-up (English Edition)

↓上記の「ザ・デイ・アフター・ロズウェル」の翻訳本が、「ペンタゴンの陰謀」の邦題で出版されていました。残念ながら現在は絶版ですが、中古で入手できます。

宇宙人の存在について語るポール・ヘリヤー氏

宇宙人の存在について語るポール・ヘリヤー氏

ヘリヤー氏は、アメリカ空軍では1種類もしくは2種類の宇宙人が働いていると語っています。これが事実であるならば、米国政府は、なぜ宇宙人との交流を隠しているのでしょうか?

その理由は、「アメリカは宇宙人の技術を転用することで、世界一でありたいと願っているからだ」と、ヘリヤー氏は語っています。

もしも宇宙人との交流を公表してしまったら、秘密を保持できなくなります。このために米政府は宇宙人情報を隠蔽しているのです。

もしも宇宙人が地球に来ていることを公表したら、国民がパニックを起こすから公表しないのだとも聞きますが、それはある意味、表向きの理由なのでしょう。

実際には、アメリカが世界で技術的な優位に立つため、宇宙人の存在を公表していないのです。また、宇宙人から得た技術によって、巨大な利権を得ている組織も存在していると思われます。

そのような組織からの強い圧力も加わり、宇宙人の存在を公表できずにいるのではないでしょうか?

宇宙人は核兵器による地球滅亡を恐れていると語るポール・ヘリヤー氏

宇宙人は核兵器による地球滅亡を恐れていると語るポール・ヘリヤー氏

1945年以降、宇宙人の来訪が頻繁になった理由の一つは、アメリカによる原爆投下にあるとヘリヤー氏は語っています。宇宙人たちは、人類が核兵器で地球を滅ぼしてしまうことを恐れているのだそうです。

確かに、有名なロズウェルのUFO墜落事件(1947年)も、空飛ぶ円盤が世に知られるきっかけになったケネス・アーノルドのUFO目撃事件(1947年)も、アメリカによる原爆投下以降に起きています。

核兵器による地球滅亡を恐れている宇宙人たちが、頻繁に現れて人類にメッセージを送ろうとしているという考えには納得できます。

日本人にメッセージを送るポール・ヘリヤー氏

日本人にメッセージを送るポール・ヘリヤー氏

新しい現実――多種多様な宇宙人が生きている巨大な宇宙の中に、私たちも生きている――を、私たちは知り、適応して、お互いのために働かなければならいと、ヘリヤー氏は語っています。

医療や農業のような分野においても、宇宙人から多くのことを学ぶべきだと述べています。宇宙人から学ぶことで、現在の地球が抱えている様々な問題が解決されていくようになります。

短いインタビューですが、UFOや宇宙人の存在と、その存在を隠す米国政府の理由が分かりやすく語られています。

ポール・ヘリヤー氏は、日本人へのメッセージも述べていますが、UFO後進国と言われる日本だからこそ、私たち日本人はヘリヤー氏のメッセージを真摯に受け止めたいものです。

『米国がUFO情報を公開しない「本当の理由」を語る! 元カナダ国防大臣ポール・ヘリヤー氏』へのコメント

  1. […] べき発言です。 ⇒ 元カナダ国防大臣ポール・ヘリヤー氏、米国がUFO情報を隠蔽する理由を語る!! […]